面白い文章の書き方のコツPart1

 

迎客デザイン研究所の酒井です。

ではさっそく
「面白い文章の書き方のコツPart1」
をお届けします。

もともとこの面白い文章の書き方のコツは、
ウェブで集客する時の文章を書くために
私が考えて使っているモノです。

 

そのため、自分以外の方に使ってもらうために、
どんな言葉でお伝えするのが効果的かを手探りしています。

何かお気づきの点があればご連絡をお願いします。

 

 

それでは一つ目の「面白い文章の書き方のコツ」です。

 

私は、人は面白いと感じる時に
「幾つかのパターンがある」と考えています。

ちなみにこれからお届けするコツは、
学術的に検証された内容ではありません。

言ってみれば経験知です。

 

必ずしも当てはまらない場合があることをご了承下さい。

ただ、これからお話しする内容は単なる思いつきではありません。

これまで私自身が読んできた様々な文章の中から
「面白い」と思える共通点をまとめているので、
それほど的外れなことにはならないと考えています。

 

そろそろ前置きはやめましょうか。(^^;

 

では本題の面白い文章を書くためのコツですが、

「今まで知らなかった事を知ることができる文章を書く」

ことです。

 

つまりニュース性のある文章のことです。

 

ニュース番組が多くの視聴者に見られているのは、
世の中に知られていない新しい情報を提供しているからですね。

 

ニュース自体に価値があるのです。

価値があるものは面白いと感じるわけです。

 

ちなみにこのニュース性ですが、
タイムリーな話題だけにニュース性があるわけではありません。

 

もし常に新しい情報しか面白いと思われないのであれば、
それこそスクープ合戦になりますから大変ですしね。

 

「知らない人に対して自分の知っている事を伝える事」が
ニュース性があると考えていいのでしょうか。

 

例えば私の例でお話しします。

あなたはこれから初めてウェブでの集客を
学びたいと考えているとしましょう。

そこで私から、

「Facebookで無料集客を成功させたければ、
友達の数が大きく関係してくるんですよ。」

と伝えしたとしましょう。

 

もしこの事をあなたが知らないのだとしたら、
「初めて聞いた、勉強になった」と思いますよね?

 

つまり初めてウェブ集客を行う読者さんにとっては、
とてもタイムリーなニュースになるわけです。

 

面白い文章というのは「誰にとって」面白いのかを
はっきりさせておく事が大切です。

 

先の例で言えば、
「Facebookの無料集客を知らない方には
どんな内容にニュース性があるのか」。

この点をしっかり意識して記事を書いていくことが
ポイントになりますね。

 

いま、「そんなので良いの?」って思いました?

 

はい、良いんです!

 

でも世の中にある大半のサイトやブログは、
基本的に知らない人に対して自分の知っている事を
伝えているわけですからね。

 

これは大前提とも言える面白い文章の基本だと思います。

ニュース=政治・経済ネタと考えると範囲が狭くなります。

あなたの専門分野について、読者さんが知らなかったことを
提供すれば、それは集客の大きな一歩になっていくと思いませんか?

 

ちなみにこういった考えで記事を書き進めていく手法を
コンテンツマーケティングといいます。

 

これが面白い文章の書き方のコツPart1です。

参考になったと思ってもらえたなら、
ぜひあなたのブログやSNSの投稿に取り入れてもらって、
どんな反応があったかを教えてくださいね。

 

ちなみにPart1ってことは。。。

 

はいそうです。

まだありますが、それはまたの機会にでも。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

迎客デザイン研究所

酒井謙光

=============================

『どうすればアクセスが上がる記事が書けるの?』

『注目されるタイトルはどうやって考えるの?』

ブログ集客でこんな悩みを抱えている起業家さんのための、

今までありそうで無かった個別サポートを行っています。

↓↓↓

http://oed-x.xsrv.jp/ww/tk/

=============================

 

=============================

発行:迎客デザイン研究所

責任者:酒井謙光

連絡先:info@professional-marketing.biz

弊社サイト:http://professional-marketing.biz/

アメブロ:http://ameblo.jp/kiraware-marketing

 

Copyright (C) 2017 迎客デザイン研究所 All Rights Reserved.

この文章を事前の承諾なく流用・転載などを禁止しています。

=============================