ご覧いただきありがとうございます。

このページでは、起業家であるあなた自身がWEB集客の自動化を勧めていく中で、つまずきやすいと考えられる19のチェックポイントをピックアップしています。

この項目を事前に確認することで、集客を始める前に無駄な時間や労力をかけることが無くなると思います。

また、もしあなたがコンサルタントをしているのなら、クライアントさんの業務改善にも応用できるはずです。

ただ、このチェックポイントを利用される場合、「合同会社迎客デザイン研究所の酒井謙光氏が提唱している」ことを明記なさってください。

特に連絡の必要はありませんが、出展だけは明らかにしてください。

よろしくお願い致します。

<失敗を事前に回避するためのWEB集客19のチェックポイント>

  1. 誰向けの商品・サービスなのか明確になっているか?
  2. 対象顧客のどんな悩みを解決できるか明確になっているか?
  3. なぜ自分は対象顧客の悩みを解決できるのか明確な根拠があるか?
  4. 自分の商品・サービスの特徴を2つ即答できるか?
  5. ライバルでは実現できない独自のポイントがあるか?
  6. 顧客が自分の商品・サービスを手に入れたときのベネフィットは明確になっているか?
  7. ベネフィットは顧客視点になっているか?
  8. 自分の商品・サービスの魅力が伝わるように表現できているか?
  9. 個人情報を教えてもいいと思えるくらい魅力的なオファーをしているか?
  10. LPはデザインばかりに気を使って、文章をおざなりにしていないか?
  11. 個別相談では、契約をとる事ばかりに気を取られていないか?
  12. SNSやブログなど複数のメディアで一貫した発信ができているか?
  13. 今使っている集客メディアを選んだ理由を即答できるか?
  14. 今使っている自動化ツールを選んだ理由を即答できるか?
  15. メルマガを単なる売込みの手段にしていないか?
  16. 根拠のないアピールをしていないか?
  17. 集客やセールスで結果が出ていない方法を続けていないか?
  18. 専門家の言いなりになっていないか?
  19. ライバルと同じことをコピペのように行っていないか?