ダイレクト・レスポンス・マーケティング

低予算で始めるウェブ集客の手法DRMとは?

ネットでの集客に困っている方
これからウェブ集客を始める方
Web集客で使えるダイレクトレスポンスマーケティング
についてお伝えします。

プレゼントを渡す女性

 

 

 

 

 

 

今日はDRMについて書いていこうと思ったのですが、
世の中には多くの情報があふれているので、

私なりにダイレクトレスポンスマーケティングを
どう使っていくのかにフォーカスしていきます。

というわけで昨夜ある案件で協力関係にある方々との会食で
カレーナンをお腹いっぱいまで食べていまも満腹感が
残っている迎客デザイナーの酒井です。

ネット集客、Webマーケティングなどとも
言われるウェブ集客ですが、

今後もインターネットを使ってビジネスをする事は
起業家としては避けて通れないでしょう。

もうホームページで集客をすることは、
チラシを使って集客をする事と同じレベルのことに
なっているからです。

言うに及ばず、メールアドレスは複数持つ方が多いですし、
SNSでは実名で投稿することも当たり前のことになっています。

今はその方がどんな方なのかをリサーチするのに
SNSの投稿やブログの記事を参照するのも普通ですしね。

さて今日のテーマの
ダイレクトレスポンスマーケティングですが、
もともとはアメリカで開発された手法です。

何名かの有名な大家の先生がおられますが、
ダイレクトマーケティングとも言われること方法は
次のように集客から販売までを進めていく手法です。

それまでのマスメディアを頼った広告による方法ではなく、
見込み客さんにこちらの提供する商品・サービスについてを
直接届ける媒体を使って集客から販売に至るまでの流れを作るのです。

その時に大切なのが、

こちらからの情報(広告物)を直接受け取ってもらうために、

見込み客さんの方から手を上げてもらうように

こちらからの提案に対して行動を先に行ってもらうことです。

私の自宅のポストには毎日のように
たくさんの不動産屋さんからのチラシが入っています。

直接届けられてはいますが、
このチラシはダイレクトレスポンスマーケティングにはなっていません。

それは私がその業者に対して、
不動産の情報を欲しいと事前に告げていないからです。

言い方はきついですが、まあ勝手に有無を言わさずに
受け取らせるという方法ですからね。

これがマスメディアを使った広告の基本的な考え方です。

受けての意思を無視して広告を見せると言う方法なので、
必要としていない方からは反感をくらいます。

なのでチラシはすぐに捨てられるんです。

あなたも大半のチラシは内容を見ないですよね?

それらのチラシを作って配布するにもお金がかかっていますから、
捨てているのと同じです。

でも今まではそういった方法しか知られていなかったので、
それに頼ってきたわけです。

その点ダイレクトレスポンスマーケティングでは、
事前に許可をもらうことでこちらの情報や商品サンプルを
届けることから始まるために費用対効果が格段に上がる傾向にあります。

なので起業したての個人にとっては、
とても相性の良い集客方法と言えるわけです。

ダイレクトレスポンスマーケティングの代表的な例は
健康食品やサプリメントの通販会社がやっている
「無料お試しサンプルのプレゼント」です。

でも考えてみればおかしいとおもいませんか?

テレビや雑誌などの高額な広告費を使って、
無料で商品をプレゼントしているんです。

そのままでは大赤字ですよね?

でも実際にはその方が利益を得られるから行っているのです。

儲かっていなければ続けられませんからね。

さあここで一般的なダイレクトレスポンスマーケティングの
解説が終わりました。

ここまでをまとめます。

DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)は、

個人で起業したての方にはとても向いているということ。

それは反応率の良いことと資金効率(費用対効果)が高いから。

でも実際にはここで大きな問題に直面します。

何だか分かりますか?

ではこの続きは次回に行いますね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

凡人のためのウェブ集客が必要だと思うんです。

世の中にはとても優れた人がいて、
その人のノウハウに誰もが群がるのですが。。。

それポイントです!

 

 

 

 

 

 

いま読んでる松岡圭祐の「探偵の探偵」の中に出てくる、
妙に痛々しい粗暴な暴力表現に目を塞ぎたくなるのに
目を閉じさせない文才に憧れてしまう迎客デザイナーの酒井です。

ホントに世の中にはすごい人がいるなぁと感心します。

冒頭の松岡圭祐氏もその一人です。

略歴を見るとため息しか出てきません。

小説デビュー作「催眠」がミリオンセラーになり、
のちに映像化。

その後に発表された「千里眼」「蒼い瞳とニュアージュ」なども
シリーズ化された後にドラマ・映画化。
そして映画にもなった「万能鑑定士Qの事件簿」を含むQシリーズは
累計で200万部を突破。

調べていて驚いたのですが、
彼の作品が入試問題に取り上げられるなど、
単にヒット作品と言うだけではない評価をされていることが、
彼の凄さに厚みを持たせています。

私が松岡圭祐氏の作品に初めて触れたのは
「水鏡推理」という作品でした。

主人公の水鏡瑞希の恐ろしく博学な様子に初見で魅了され、
そのままほぼ一気読みに。

2作目である「水鏡推理Ⅱ」は、
私が予想し期待していた1作目のような
トリック暴きの体裁を潔く裏切りつつも、

水鏡瑞希の心の揺れ動く様と異端児であるはずの
彼女に手を差し伸べる先輩たちの交流を通して描き、

トリック暴きのどんでん返しも期待通りと、
読者が望む事を取り入れつつも、

その上をいか事がこれほど多くの読者に支持されている
理由なんだろうと感じています。

まあここまでは私が好きな本の話をして来たんですが、
問題はこの松岡圭祐氏のように、
いわゆる天才的な才能を持たない凡人はどうするのかという事です。

私も凡人ですから世の中に出回っているウェブ集客ノウハウを
取り入れて実践しているにすぎません。

特にダイレクトレスポンスマーケティングと言われている手法は、
その効果が未だに衰えないどころかこれからも
ウェブ集客の中心になり続けるだろうと思えます。

そこでこういったノウハウを学ぶ事になるわけですが、
ここでまたまた問題が現れます。

それが再現性です。

ノウハウを書かれた本やセミナー、
講座で伝えられている事は同じはずなのに、
なぜか結果を出せる人と出せない人とに分かれるのです。

私も様々な講座に参加してノウハウを
学びましたからよく分かるのですが、
どうにも結果が出せないものがありました。

その違いはなんなのか、
その後も様々に工夫する中でたどり着いた答えが

「相性」でした。

ダイレクトレスポンスマーケティングとは、
一言で言えば見込み客さんの中から、

こちらのサービスに興味のある方を見つけ、
その方に直接的な方法で自分をアピールする
というマーケティング手法です。

そのためネットでの集客法としてメールが重要視されています。

その派生としてステップメールというツールを組み合わせて
契約へと至る流れを仕組み化する事で、
自分は集客から解放されるというのが狙いなのです。

そしてその手法を様々な方が異口同音に
ノウハウとして提供されています。

そのどれもが真っ当だと言い切れない事もありますが、
まともな事業者ならないように問題はないはずです。

なのに結果を出せないものと出せるものがあるんです。

それはもう「相性」としか言いようがないのだと
思い始めました。

すると不思議なもので、
相性が合うと思ったノウハウはその後も身につき
結果を出す続けられるのに、

相性が合わないと思うものは
そもそも実行する事が難しい事がわかりました。

特に天才的な才能を持った方のノウハウは
私には合わないと実感としています。

正確にはそのノウハウを結果に結び付けられる人が
出来ない私に対して、

「マニュアル通りにやってください」

としか対応できない事にあるのだと分かりました。

彼らのようなもともとできる人にとって、
出来ない場合の対処法が示せないのです。

何しろ出来てしまいますからね。

なのでノウハウはサポートいかんで
結果を出せるかどうかが分かれ目になると感じ、
今のアドバイス事業を考えたのです。

どんなノウハウを学ぶか

より

そのノウハウをいかに結果に結び付けるか

その事を気がついたため、私はとても楽になりました。

私の能力が劣っていたのではなく、
単に相性が悪かったと割り切れますから。

もしノウハウを実践しているのに上手くいかないという場合は、
アドバイスをもらう人を変えてみる事ですね。

ただし、あなたがなぜ上手く出来ないのかを
正確に見極められる人でないとダメですが。

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ウェブ集客が成功している人は集客をしていない?

ウェブ集客を上手くやろうと苦しんでませんか?
それならきっとこんな勘違いをしてるんだと。。。

笑顔の指

 

 

 

 

 

 

私は迎客デザイナーと名乗っているのですが、
今日はその事について書いていこうと思います。

というわけで、この前デスクで書くと決めたにもかかわらず、
またまたスマホ片手に電車内で書いている迎客デザイナーの酒井です。

あなたは集客されたいですか?

集客されるのが好きって方。

多分稀な人だと思うんです。

だって集客されるということは、
その後に売り込みされるということですから、
売り込まれるのが好きだなんて、ねえ^^;

私は売らなきゃいけないって状況こそが、
問題だと思っています。

「でも、売り上げが上がらないと生活できないじゃないか!」

ハイ、おっしゃる通り。

売り上げが上がらないと収入が得られないのは、
その通りです。

でも少し考えてみてください。

あなたが必死になって売り込みをしないと売れないなんて、
そもそも、そのお客様に必要とされてるんでしょうか?

なぜあなたは売り込みをしなければいけないと思いました?

私の決めつけかも知れませんが、
恐らく誰かに聞いたか、本で読んだか、
あなた以外の方の情報が元だって思うんです。

その発信元は売り込みノウハウを売っている人って、
気が付いてますよね。

民放テレビでCMって見てます?

コマーシャルが始まったらトイレに行きません?

私は行きます。

それってみる必要が無いからです。

コマーシャルは売り込みしてるわけなので、
その商品が必要ないから見ないんです。

「じゃあどうしろって言うんだー!」

それはあなたのサービスを欲しいと言う方に
提供すれば良いんです。

相手から欲しいと言われたのですから、
喜んで提供して差し上げれば良いんです。

つまりあなたのやるウェブ集客とは、

『あなたから買いたいという方にあなたの事を伝えること』

だと言えますね。

なのでそこに売り込みなんて必要無いんです。

もっと言えば、競合と比較されることもないんです。

この考え方を私は迎客と呼んでいます。

あなたから買いたいと言ってくださる方をお迎えするんです。

だから集客をしてはいけないんです。

ウェブ集客の成功パターンは恐らく二つ。

資金を投入して広告をだして、
そこで集客した方たちに商品を売り込みパターン。

もう一つは、あなたのことを出来るだけ正確に伝えて
お客様から買いたいと言っていただく仕組みを作るパターン。

私は個人でウェブ集客をする場合、
2番目の方法しかないんじゃないかと思います。

そのことをご存じないからか、
無理やり売り込んでいるからクロージングなんて
話が出てくるんです。

もしここまでの内容に納得できないって方、
欲しくも無い人に売るためのスキルが欲しい人は、
そういったノウハウを学べば良いと思います。

私は売り込まれるのも売り込むのも嫌いなので、
ご縁が無いんだと思いますけど。

私はウェブ集客と言ってはいますが、
それは迎客という言葉の意味が伝わらないから
集客といっているだけです。

本来、集客なんて発想をしているからこそ、
売る方も買う方も不幸になっているんだと感じるんです。

もし、ウェブで集客をしたければ、
できるだけ早いタイミングで、

あなたの事をネットで伝えて、

あなたから買いたいと言ってくださる方と

出会う仕組みを作り上げることです。

これを世間的には「自動で集客するシステム」
なんて言ったりするかもしれませんが、
基本的なコンセプトが違います。

売るために集客するのではなく、
あなたを選ぶのかどうかを判断できる材料を
お客さんに伝えるのです。

これがマーケティングと呼ばれていることの本質です。

特に個人で事業を行う場合に向いているのが、
ダイレクトレスポンスマーケティングです。

DRMと言われることもあるこの手法は、
過度な売り込みをする方が多いからか
勘違いをされているようです。

本来はあなたに興味のある方と
どうやって関係性を築いていくかということです。

ダイレクトレスポンスマーケティングは、
今も効果的な集客・販売の手法です。

ただ私はそれを迎客に使った方が長い視点で見た場合には、
自分のためになると思います。

何しろ売り込まないのですから、お客さんから嫌われませんしね。

私は、酒井さんからウェブ集客を学びたい、
酒井さんなら自分の事業のことを一緒に考えてもらえそう、

そういっていただける方とお付き合いしたいですし、

そうする事で私がご提供できるアドバイスの
クオリティを上げることに時間を使えるので

お互いに良いことずくめだと考えています。

そう思いません?

なので個人で事業をやっている方は、
webマーケティングを実践していただきたいです。

それは、

「あなたが選ばれて指名がされるための仕組みを
ネット上に作り上げること」

なんです。

もしあなたの毎日の仕事の大半が集客だとしたら、
それは誰のためにやってるんでしょう?

本来はあなたのお客様にあなたのサービスを
提供することのはずなのに。。。

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ウェブ集客の要って何だと思います?

ウェブ集客で最も大切なのは、
お客様との関係作りをどうするかにあるんですが、
以外にも営業成績が良い人は成果を出しにくいかも・・・

OL1

 

 

 

 

 

 

 

今日は朝から断続的に仕事をしていたせいか、
珍しく疲れを感じているんです。

こういう時は普段とは違ったことが文章に出てきそうで
かえって楽しみな迎客デザイナーの酒井です。

今日はウェブ集客について、基本的な話を書こうと思います。

webマーケティングとかネット集客とか、
あるいはウェブでのセールススキームなどなど、
様々な呼び方がありますね。

それぞれに細かな違いはあるでしょうが、
今回はその細かな違いはさておき、

ウェブでお客様を集める際の最も肝になる話をしていきましょう。

webで集客をする場合、何が大切だと思いますか?

「そりゃもちろん、商品・サービスの品質でしょう!」

確かに、それは大切ですね。

「いやいや、やはり広告のクオリティでしょう!」

はいはい。これも大切だと思います。

「そんなことより、ウェブサイト、ホームページのデザインでしょう!」

これも大切です。

ですが、私は少々違った考えを持っています。

ウェブ集客で鉄板の方法とは、

お客様に自社の商品・サービスが受け入れられまでの
お客様の通り道を作ることです。

実はこれこそマーケティングそのものなんです。

学術的にマーケティングという言葉の意味も
いろいろと解釈があって、それぞれの高名な方が
それぞれに有意義な世界観を繰り広げられています。

で、いつも思うのですが、こういった学術的な
意味や解釈を私はあまり重要視していません。

もう少し正確に書くと、それぞれの意味や解釈を
覚えることにあまり実務的な効果が期待でき無いと
思えるんです。

私はMBAを取得しようとか中小企業診断士の
資格を取るつもりもないので、
この辺りは実践に即つながらなさそうな情報は
あまり集めないようにしています。

それよりもどんなコピーが反応を取れそうとか、
どんなLPのコンセプトがお客様に受け入れられそうか
といったことの方が収益に直結しますからね。

それに時間は有限ですから。

お金を稼げなければ、そもそもご飯を食べていけませんしね。

で余談は置いておいて、
そのマーケティングを私はこう捉えています。

「究極的にはセールスという行為を無くしてしまうための、
お客様への価値提案の仕組みをつくること」

少しかみ砕いて説明しますね。

まずセールスについてです。

セールスとはこの場合、売り込む行為をさしています。

決して販売行為そのものではありません。

販売できなければ売り上げが上がらず、
結果利益が発生しませんからそれではダメですから。

ところであなたは売り込みが好きですか?

我が家は親の代から嫌いです。

既に過去の話ですが、過去にこんなことがありました。

生命保険の外交のおばちゃん。

こう聞いてどう思います?

なかなか食い下がらず、
自分の商品をガンガン売り込んでくる、
ちょっと厚かましい中年女性。

そんな感じではないですか?

その時の方はまさにそのままの方でした。

玄関先で1時間でも2時間でも、
こちらが断っているので食い下がってきます。

ようやく引き取ってもらった後に対応していた父親が

「もーたまらん。勘弁してくれ!!!」

と怒鳴っていたことからもかなり気分を害していたはずです。

私も子供心にセールスについて嫌な記憶をもった気がします。

それが迎客という考え方を生み出したのでしょう。

つまりはムリな売り込みへのアンチテーゼなんですね。

要らないと言っているのにそれを無理やり売り込む感じがイヤです。

で、こんなお互いが疲弊するような商いをしなくても
いい方法を取れる可能性があるのが
ダイレクトレスポンスマーケティングという手法です。

このDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)については、
また触れるとして売り込まなくても買いたいというお客様と
継続的にお付き合いしていく関係を作ること。

これがウェブ集客の肝になるんです。

それはネットならではの要素も関係してきます。

ネットはどうしても今までの対面での商売と比べて、
感情が伝わりにくい面があるからです。

ただ、SNSの普及でまた状況が
変わってきていると思えるのですが、

それでも対面で数分でも話す程度の関係性を
ネット上だけで築き上げるのは数倍の苦労が伴います。

なので営業が得意だという方も、
ネット集客は苦労されることもあるでしょうね。

というか恐らく対面営業が得意な方ほど
ネット集客は苦手だと思いますよ。

例えばすぐに飲みに行って打ち解けたがる人とかです。

あっ、けっして飲みに行って打ち解ける行為そのものを
否定していませんので念のため。

ネットではそもそも飲みに行けないので、
相手との関係性を構築するには、

そういった対面のアナログ的なことを
どうやってネットのコンテンツに落とし込むかが
ポイントになるんですよね。

おっと何やら書きたい放題に書いて来たら、
少し話が大きくなり気味なので、
また整理してからお伝えしなおします。

最後にまとめとして。

ウェブ集客とは、

「究極的にはセールスという行為を無くしてしまうための、
お客様への価値提案の仕組みをつくること」

で、そのためにネットの特性を活かした
コンテンツの制作がキモになるという話でした。

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

マーケティングは出会い系と同じ?

出会い1

 

 

 

 

 

 

今、初心者さん向けのネット集客マニュアルを作成しています。

それも5つのタイトルでリリースする予定です。

タイトルが変わる可能性が高いですが、
次のテーマで書こうと思っています。

SEO(検索エンジン最適化)を個人でコストを最小限にする方法
初めてのメルマガ運営 知っておきたい鉄板ポイント
小コストで成功させるためのネット広告の正しい使い方
これだけは知っておきたいサービス業のランディングページ作り
自社サイトを単なる企業サイトで終わらせないためのセールスレターの作り方

こちらのマニュアルは起業されてから日が浅く、
これからネット集客を始める方に向けた内容です。

また進捗があればお伝えしようと思います。

では今日のテーマです。

この前、ワクワク系マーケティングの主催者である
小阪裕司さんのpodcastを聞いていた時の事です。

小阪さんは出会いを大切にしていると
話されていたのを聞いて今日のテーマを思いつきました。

集客とは出会いです。

よね?

特に新規客様の獲得を目指すことは、
まさに新しい方との出会いを求めているわけです。

その出会いを仕組み化するのがマーケティングですから、
ネット集客の仕組みとはネット上での出会い系と同じですね。

もともと広告は自分見つけてもらうために
アピールしている訳ですから、

婚活パーティーで自分の良さをアピールして回るのと
同じようなものだと、改めて思ったのです。

ネットを使った集客法で
特に主流を占めていると思われるのが、

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)

と呼ばれている方法です。

このDRMは、有名なところでは
健康食品や化粧品の無料サンプル申し込み
として行われているので、
馴染みがあるのではないでしょうか?

DRMは今も変わらず効果が高いので、
取り入れている専門サービスの方がおられます。

分かりやすいところでは、
コンサルタントさんやカウンセラーさんが、
初回無料相談として実施されているパターンが多いです。

知的サービスの場合は実際に試してもらうしか、
あなたが提供しているサービスの内容を
知ってもらいにくいのですが、

通常ではサービスを提供するという事は、
報酬を頂かなければならないため、

お客様としてはハードルが高いことがネックで
なかなか契約に結び付かないことが問題となりやすいです。

なので初めはサービス内容の体験として、
ご自身のサービスをそのまま無料でお客様にご提供するわけです。

この無料でお客様に提案する方法を「無料オファー」と言ったりします。

冒頭に出てきたネット集客の初心者さん向けマニュアルも、
私の場合は無料提供を行う予定なので、
この無料オファーにあたりますね。

またネット集客以外でもこの無料オファーはよく見かけます。

マッサージや美容院にネイルサロンなどの場合は、
初回お試し価格としてチラシ持参で割引というのが多いですね。

あれも一種の無料オファーと言えます。

つまりこの無料オファーは、
お客様に自社のサービスを提供してもらう際に、
こちらを選んでもらいやすくする役割があります。

なので無料提供する内容は、
本業そのものである事が必要になります。

マッサージ店ならマッサージを、
美容院ならヘアカットを試してもらわないと、
新規顧客の獲得にはならないですから。

なので、無料オファーの内容はよく考えた方が良いと言えます。

でないと、お客様があなたを選ぶべきかどうか
分からなくなりますから。

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。