初めての起業

Q&A「どうやれば起業できますか?」

 
今日は「起業の方法」がテーマです。
 
 
本日は、これまで私が起業してきた中で得てきた
ポイントをお話しします。
 
実体験の話をコラムにしてみました。
 
 
きっとあなたは目をつむりたくたくなる話だと思いますが・・・
 
 

続きを読む

マーケティングが不得意な人に見られる特徴とは?

今日のテーマは人によっては
大きな反感を買う恐れがあります。

セールスが得意な人絶対に見ないでください。

続きを読む

指名買いされるコンサルタントの条件とは?

コンサルタントになりたい方。
今コンサルタントをしている方。
こんな間違いをしていると指名買いされるどころか・・・

続きを読む

こんな起業家はゼッタイ嫌われる!

嫌われない起業家にはファンがついているものですが、
今日のテーマはあなたにとって、
快適に読めるものか・・・
苦々しい思いをしながら反発するのか・・・

 

手をつなぐ1

 

 

 

 

 

 

 

昨日はあまりに物事がうまく進まなさ過ぎて、
何か悪いことをしたのかと我が身を振り返ってしまった
迎客デザイナーの酒井です。

 

ことごとく裏目に出ることってありますよね?

もう自分の力ではどうしようもない状況になってしまう感じ。

歯がゆいってこういうことなんですね。

歯が痒かったら掻けばいいと思うんですが・・・(^^;

ところであなたは嫌われてませんか?

私はきっと嫌われていると思います。

それは何か発信したら、
それに反論をする方がいるからです。

でもそうでないとファンは作れませんけどね。

今日のテーマの嫌われるとはそういった意味ではありません。

では早速進めていきますね。

起業家で嫌われるパターン

『都合の良いところだけ他人と比較して、無理強いしてくる人。』

例えばこんな具合です。

「悪いんだけどさ、おたくと違って◼︎◼︎株式会社は
●●円でやってくれるんだよね。」

「でもあんたのところに頼みたいと思ってるわけですよ。」

「だから値段、合わせてよ!」

こんなやり取りがまさに今も行われていそうですが、
よくよく聞いてみると無理強いのダンピングだったりします。

比較されてる会社とは

サービスの内容が全然違う、品質が違う、納期が早い

などなどです。

 

なぜこういった事を言ってくるのでしょう?

それは自分のことしか考えていないからでしょうね。

昔クラスにこんな人物がいました。

途中からみんなの話の腰を折って会話に参加してきたのに、
自分の言いたいことだけ話し終わるとさっさと離れていくってパターン。

「なんやねん、おまえ!」

そんな言葉で注意したのですが、
本人は全く意に介さなかったと記憶しています。

きっとこんな風に自分のことしか考えていない人は、
ずっと自分のことしか考えないんじゃないかなって。

「もしかしたら何か事情があるかもしれないでしょ?」

という反論もあるでしょう。

でも何か事情がある人が、
さっきのような頼み方をするでしょうか?

 

分かるでしょ?

その人が自分のことしか考えていないのか、
周りのことも考えた結果のつらい交渉なのかって。

でもここで衝撃的な事をお話しすると、

こんな感じで嫌われるような人は、
それなりの確率で利益を出せていると思います。

いわゆる成功した起業家です。

 

もちろん全ての成功者が自分勝手と
言っているわけではありませんよ。

自分勝手に商売を進めている人は、
それなりの確率でお金を得ているだろうと推測しているわけです。

もちろんさっきのような人が
全ての人から嫌われているとは限りません。

例えば身内からは喜ばれるでしょう。

何しろ自社の利益になることをしているわけですからね。

 

でも何でも人の言う事を素直に聞けと言っているわけでもありません。

そんな事をしたら、おそらく自分勝手な起業家にしてやられます。

キツイ表現ですが、商売は弱肉強食の世界です。

弱ければ強者に飲み込まれてしまいます。

 

でも私たちのように、

真っ当に自分のスキルや知識をお客さんに
役立ててもらいたいと考えている起業家は

こんな人たちと真っ向から戦ってはいけないんです。

我々は少なくても良いから「あなたから買いたい」と
おっしゃってくださるお得意様を大事にしていけば良いのです。

 

それがわたしの提唱している迎客の考え方なのです。

 

つまりあなたのファンを作っていくのです。

ウェブ集客とはそのために行うものなのです。

決して荒稼ぎとか楽して儲けるなんて発想ではダメなんです。

そう思いませんか?

 

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

起業で本当に大切なことはノウハウじゃないんですね。

お任せください

 

 

 

 

 

 

今は冬仕様の掛け布団で寝ているのですが、
明け方には暑くて汗だくになって逆に風邪を
ひきそうになっている迎客デザイナーの酒井です。

どうもこの季節の服装には困ってしまいます。

掛け布団もそうですが、
私は寒がりなのでどうしても厚着の傾向にあります。

すると汗をかくのですが、
それがかえって体温を下げる事になって、、、

今日は小説の中に出てきた名言を取り上げてみました。

今読み進めている松岡圭祐氏の「探偵の探偵3」に
出てくる一説に出てくる名言です。

それは黒人テニス選手アーサー・アッシュの言葉です。

「いまいる場所から始めよ。持っているものを使え。できることをしろ」

“Start where you are. Use what you have. Do what you can.”

このアーサー・アッシュは1960年代から70年代にかけて、
全豪・全米・ウィンブルドンの3大会で優勝を果たした選手なんだそうです。
全仏に優勝すればグランドスラム達成だったんですね。

とても強いのはもちろんでしょうが、
トップアスリートたちはいかに自分の力を試合で発揮するかが
勝敗を分けることを実感している事からくる言葉でしょう。

ただし私はこういう風に受け取っています。

今の環境を嘆かず、持てる知識・知恵を信じて、今できることから始めなさい。
そうすればあなたにはもうノウハウなんて学ぶ必要がない事に気がつくだろう。

あまり大きな声では言えないですが、
ノウハウ提供者の大半は、この言葉と真逆の主張をしています。

あなたには私のノウハウを学ぶ必要があるのです。
そうすれば売り上げをあげられるのですからと。

全くのウソではないと思いますが、
以前私がこのブログで書いたように、
ノウハウを学ぶこととあなたが期待している
成果を出す事はイコールではありません。

売り上げをアップしたければ、
お客様にあなたと契約していただくしかないのです。

そのためにクロージングなどのハードセールスの
スキルを学ぶのなら止めはしませんが、
いばらの道を歩むに等しいことは想像に難くないですよね。

売り込みは基本的に嫌われますし、とても負担が大きいです。
あなたにとってもお客様にとっても。

それに講座やセミナーで学んだだけでは、
あなたはそのノウハウを使いこなせていないでしょうから、

結局はあなた自身がその時に持っている「力」を
使っていることに気がつくはずです。

もしノウハウを学ぶとしても数十時間単位で
実践を経なければ身につかないと考えています。

あなたが天才の部類に入る方なら、
もっと早く売り上げをアップできるでしょうが。

でも私は凡人なので地道に継続するしか方法を知りません。
でもそうして身についたノウハウは、
やがて血肉となり私自身を助けてくれると信じてやり続けています。

この続ける事こそ最高の成功ノウハウだと思うんですが、

あなたはどう思います?

では今日はこの辺で。
最後までお読みいただきありがとうございます。

いくらウェブ集客を頑張っても商品・サービスを間違うとダメなんです

ウェブ集客を学びたい方によくある間違いについてです。
SEOを頑張っても、ブログを毎日更新してても集客ができないとしたら、
これを間違っているかも・・・

 

OKサインを出す男性1

 

 

 

 

 

 

 

最近、あるダイエット法を実践しています。

その方法はある方のオリジナルなのですが、
理論がしっかりしていて私にはとても魅力的に映りました。

というわけで、ダイエットをしているというだけで、
なぜだか清々しい朝を迎えられている気がしている
迎客デザイナーの酒井です。

今までは深夜に炭水化物が大半を占めるラーメンなんかを
お腹いっぱい食べていたのですが、
どうしても後ろめたくて少し気持ちが暗くなりがちでした。

が、そのダイエットを始めてからは
あまり夜食を食べたくなくなりました。

不思議です。

本当に痩せようと思っているからなんでしょうか。

では今日は起業ネタについて考えてみます。

では早速質問です。

あなたは今なら何を売りますか?



私なら防災関連商品ですね。

ただ、勘違いしないでいただきたいのは、
窮地に追い込まれた方を食い物にするという
発想ではないんです。

それこそ、そういった発想をしている時点で、
一攫千金を狙って一発当ててボロ儲けしたいなんて
願望があるんじゃないですか?

儲かるとわかった途端に足元をみて吹っかけるなんて
大人のやることじゃないと思いますけどね。

私は世の中にある不便は、
商売としてのアイデアになると思ってます。

後はあなた次第ですよ。

ボロ儲けを使用と思えば出来るでしょう。

私は嫌いですけどね。

人の弱みに付け込むその考え方がです。

いずれ足元をすくわれるのではないかと。

私は不器用でも自分の事はさておき、
周りの人のために力を尽くすような人が素敵だと思います。

これぞ正義の味方って感じですね。

私も常々そうなりたいと思ってはいますが、
なかなか行動に移すのは。。。

こう考えてみると何かを販売する際には、
世の中の流れとか時流みたいなのもが
影響しているのはよく分かります。

そこを読んで先周りできれば。

なんて考えていた時期もありましたが、
私にはその能力な無さそうなのであきらめてしましましたが。

起業する時に、どんな商品・サービスなら儲かるのか?

この答えって知りたいですね。

私もまだサラリーマン時代から真剣に起業を考えていたので、
いわゆる起業ネタを毎日のように練っていた時期がありました。

特に強みとか差別化を変に勘違いしていた時期でもあったので、
世の中に無い、画期的なサービスのネタとか、
誰も取り組んでいない内容を考えてばかりでした。

起業を考えている方の多くは、
商売のネタやアイデアを思いつくのが得意だと感じています。

でもネタやアイデアはまだ机上の空論かもしれないんです。

最も恐ろしいのが、その机上の空論を

「素晴らしい、誰も考えつかない画期的な事業」

だと勘違いして走り出してしまうことです。

そんな時に大切なのが、客観的な視点です。

文字どおり、他の人の意見や感想ですね。

自分はどこまでいっても主観的に考えてしまうので、
セカンドオピニオンとでもいえる、

あなたのその起業ネタに対して
独立した立場の人の意見は是非とも
聞いておきたいところです。

私も過去にいくつも商売のネタや
起業アイデアを考えたのですが、
よくよく調べてみると大抵は他の人が
すでにやっていました。

やっぱりそんなに簡単に儲かるネタなんて
見つからないと落ち込んだこともあります。

でもあなたの強みが何なのかを
きちんと定義し直せれば、

今まで思いもしなかったお客さんに
受け入れられるサービスを作れるんじゃないでしょうか。

そのためには、今日何をやりますか?

では今日はこの辺りで。

最後までお読みいただきありがとうございます。

初めての起業なので起業塾に参加しようと思ってるのなら

もしあなたが起業塾や●●開業セミナーなどに参加しよう
と思ってるなら先に読んでもらうといいかもしれません。

なぜなら起業塾という名前で起業の方法を
伝えてくれる講座の実態というのは・・・

コールセンター女性1

 

 

 

 

 

 

 

最近キーボードを新しく買って少々はしゃぎ気味の
迎客デザイナー酒井です。

今使っているのはノートパソコンなのですが、
自分の指の動きとキーボードの位置が微妙に食い違っていて、
思った通りの文字を押せないことが大きなストレスになっていました。

ブログやメルマガなどの文字を大量に打ち込む場合は、
キーボードとの相性が実は大きなウエイトを占めています。

ストレスなく考えていることをそのまま文字として
打ち込めるかどうかで作業効率が大きく変わりますから。

で、私が買ったのはマイクロソフトの

Natural Ergonomic Keyboard 4000
(ナチュラル エルゴノミック キーボード 4000)

という製品です。

キーが平行に並んでいないこのキーボードは、
手の置き方が思っている以上に自然なので、

長時間のタイピングにはとても負担が少なくて助かっています。

ただ、とても大きいため、
机の大半をキーボードにとられてしまいます。

なのでデスクの小さな方には不向きな製品ですね。

私がこのNatural Ergonomic Keyboard 4000を
選ぼうと思ったきっかけは少し変わっています。

それは先月末から急に昔のドラマを見たくなったことに始まります。

そのドラマとは2012年にフジテレビで放映された、
小栗旬と石原さとみが出演していた

「リッチマン、プアウーマン」

です。

私が特に好きな理由がドラマの9話で
小栗旬が石原さとみに対していう決め台詞にあるんです。

自分に殻に閉じこもったまま、
いつまでたっても人を受け入れない小栗旬演じる日向徹の
心の壁を壊したいと願う石原さとみ演じる
夏井真琴へのこんなセリフでした。

「お前が信じられるかどうかなんて関係ない。」

「僕が信じると決めたんだ。」

「巻き込むぞ!」

私はこの「巻き込むぞ!」ってところにとても感動してしまいました。

私も昔は初対面の方と打ち解けられなくて、
その結果自分の殻に閉じこもることが多かったんです。

なんだか誰からも必要とされていない感覚。

周りの人との間に大きな壁を感じていて、
それを打ち壊すことに相当苦労してきたので、

夏井真琴のように本気でぶつかってきてくれる人には、
きっと煩わしさを感じつつも心を惹かれると感じたからです。

そこまで気にかけてくれるんなら、
こっちも本気で自分の人生に巻き込んで
一緒に生きていこう!

きっとこんなメッセージが込められてたんじゃないかって思うんです。

私はいま数名の方と共同で事業を行っています。

もちろんすべての方との事業を成功させたいと
本気で考えているし、そのためには出来ることは
全部やろうって決心してます。

だから「巻き込むぞ!」って
心の中で言っていたのかもしれません。

何しろ私と一緒にやるということは、
私が提案したアイデアを実践することになります。

つまり共同事業者の人生そのものを
私が変えてしまうかもしれません。

だから真剣にやるのは当たり前で、
しかもいい加減な言動は怖くてできないですし。

あっ、キーボードの話でしたね。

なぜエルゴノミクスデザインのキーボードを買ったかというと、
そのドラマ内で小栗旬演じる日向徹が使っているキーボードが
このタイプだったからです。

ほとんどミーハー状態です。(^-^;

若い時からこの傾向は変わらないので、
これからもいいと思うものにはすぐに影響されていくでしょう。

ちなみにこのキーボードの変えてからは、
思ってる以上にサクサク打てるように・・・

なりませんでした。

やっぱり単に下手ってことだったようです。

手になじむ感はあるので、
楽というだけでも買った買いはありましたが、
出先ではノートPCのキーボードになるので、
なかなかタイピング速度は上がりません。

そしてやっと本題です。

起業塾や起業についてのコンサルやセミナーには、
どうやら多くの方が関心を示されているようです。

今の時代では終身雇用が望めないということと同時に、
世の中が不透明になってきているので

自分で稼ぐ力を身に付けたいという風に
考える方が多きなっているからでしょうか。

私も昨年、市がやっている起業塾に行きました。

そこでは確かにいろいろな知識は教えてくれました。

でもそれだけでした。

中には仲良くなった方同士が交流されていたりするようですが、
こと起業に関しては果たしてどうだろうって思う内容です。

私が新しく買ったキーボードの話を思い出して下さい。

新しい道具はそれを使えるようになるまでには、
練習が必要になります。

よね?

起業塾の知識も同じです。

知識を教えてもらっただけでは、
恐らく即実践には役立てられないと思います。

というか、一回しか聞いていないことなんて
そもそも覚えてません。

きっと実践し出した時に
「あれってどうするんだったっけ?」
とマニュアルを読み返すことになるでしょう。

悲しいですがこれが現実です。

なので起業塾に参加される方は過度な期待は
しない方が良いですよ?

起業塾が終われば即企業が成功するなんて・・・

ねえ。

私の勘違いであってほしいのですが、

起業塾などでその主催者たちが目標にしているのは、
きっと自分たちで用意した知識が参加者たちに
伝わったかどうかだと思うんです。

でもそれってどうなんでしょう?

起業出来てこその起業塾なんじゃないのかな?

こう思うのは私が何か勘違いをしているんでしょうか?

だとしたら、わざわざ講座とかセミナーにせずに
本やDVDでもよさそうに思うんですが。

まあこれくらいにしておきましょう。

これらはあくまで私が参加してきた
講座やセミナーワークショップの共通のことだったのですが、

どうにも違和感があったという個人的な感想ですから、
他意はありませんので念のため。

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。