広告代理店の正しい選び方とは? パート2

マズイんですよね。
勘違いしている広告代理店の人たちが以外と。。。

 

日中の日差しがいつの間にか
夏色になっている事に、
汗ばみながら歩いていて気がついた
迎客デザイナーの酒井です。

 

今日のサブテーマは

「良い広告代理店を見極めるコツ」

についてです。

 

いよいよ広告代理店の正しい選び方を
見ていきましょう。

 

もしあなたが広告代理店を
探すとしたらどうします?

 

「知人に紹介できそうな代理店があるか聞いてみる」

「知り合いに代理店やってる社長がいるので、そこに頼む」

「検索して良さそうに思うところに問い合わせする」

 

他にあるかもしれませんが、
だいたいはこういった探し方や決め方を
する人が多いんじゃないでしょうか?

 

さあ、どうですか?

「またいつものように、どれも正解で、
どれも間違いって言うんでしょう?」

なんて思いました?

 

もしそうならこのブログをよくお読み頂いでますね。

ありがとうございます。

これからもどうぞご贔屓に^^;

 

で、私はどうするか?

 

1
代理店を紹介してもらう時の「いい代理店の見極め方」

広告代理店に知り合いがいる時や
直接紹介してくれそうな人がいる場合は、

その代理店さんがどんなクライアントさんが
多いか聞きます。

 

つまり、得意分野を調べるんです。

 

あるんですよね、
業種や業態によって広告の向き不向きや
予算によって効果を出しやすい運用法が。

それを見極めるわけです。

 

もちろん評判が聞ければ良いのですが、
その代理店さんのクライアントさんには
直接聞けないでしょうから、

評判の代わりにどんな起業家が多いかを聞くんです。

 

2
自分で探す時の「いい代理店の見極め方」

じゃあ次はネットで調べる時はどうするかです。

 

例えば「ネット広告 代理店」と入れて
検索してみましょうか。

すると多くの業者さんが、
それぞれ自社に頼むメリットを公開している
ホームページが見つかります。

 

困りましたね。

読めば読むほど、どんな業者さんにも
良いところが見つかります。

「決め手が見つからない」
なんて事になりがちですね。

 

最終的には頼んでみないと分からないですからね。

そうなんです。

まさにその事がポイントなんです。

 

サービス業の場合は、そのサービスを受けるまでは
いいのかどうかが分かりません。

なので評判を調べたくなるんです。

 

でも大半の代理店は評判がネットには
上がってないと思います。

でもそんなこと言っていたら
いつまで経っても決められませんから、

 

決めるために『ある質問』をしてみるでしょう。

私なら、

「もし広告運用をお願いして、
結果が思わしくない場合はどうなりますか?」

と聞いてみますね。

 

このことは広告代理店側も気にしていることで、
成果が出ないのに費用を払うなんて
納得できないと言われる事が多いんだとか。

 

そりゃそうですよね。

頼む側からしたら、
結果が出てないのに費用だけ請求されるなんて、
ダマされたとしか思えない。

と考えがちですけどね。

 

なので私はそこでどんな回答をしてくるのかを聞いてみます。

その回答に納得できるのなら、
期間限定でもって小予算のテスト運用を
お願いしてみます。

 

何事もこれと決めうちしない。

これが鉄則かと。

 

では次回は

「自分は代理店なんて費用がもったいないんで。。。」

という方に向けて、どんな人が広告代理店を
利用したほうがいいのかについて書いていきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*