もっと早く言ってよ!それなら・・・

夜中にモノを食べないでおこうと決心してから、
わずか3日で挫折をしてしまった
迎客デザイナーの酒井です。

寝る前の3時間は食事は控えたほうが良いと
言われているのは分かっているのですが、
すっかり食べる癖が出来てしまい
なかなか変えるのが難しいです。

やっぱり「知ってる」と「出来る」は違いますね。

そうそう、出来るといえば、

チョコ何とかなりませんかね?

その話は最後に。

チョコ1

 

 

 

 

 

 

 

では昨日の続きです。

昨日は「新規開業白書」を衝動買いした話でした。

「欲しくなったから購入した」

という、当たり前の話をしていましたが、
この当たり前がなかなか出来ないから、
売り上げが上がらないとかお客さんが来ない
という悩みになるんですよ。

本当に言うのは簡単なんですが、
実践するのはそんなに簡単ではないですよね。

私は普段、お客様に「欲しい」と思ってもらうには
どうすれば良いのかを常に考えています。

ネットマーケッターという仕事は、
ネットを使ってモノを販売する仕事です。

コピーライティングは言うに及ばず、
コンセプト立案や、商品開発にも携わります。

まさに事業そのものを行っていると言えます。

で、その時に注意しているのが、

この「欲しい」と思っていただくには

どうすれば良いかなんです。

昨日の例でいうと私は衝動的に欲しいと
思ってしまったんですね。

普段なら買う事を全く意識していなかった
系統の資料です。

読む本とは違うとしか認識していなかったために、
私は見ることすらしませんでした。

昨日お話ししていたもう一つのヒントがこれです。

私は「新規開業白書」について
誤解をしていたのですね。

こういうことは良くあります。

人には良くも悪くも思い込みというのがあって、
社会経験が豊富な方ほど過去の経験や知識、
情報から推測できるようになりますが、
その催促が必ずしも正しいとは限りません。

今回がいい例です。

私は自信が参照したいと思っている内容が
掲載されているなんて思いもせずに誤解していたんです。

単なるデータ集だと。

本当なら即買い対象のモノだったので、
そのことさえ知っていれば私は買うのに、、、

ここですね。

もっと早く言ってよ!それなら買うよ!

です。

私には伝わっていなかったんです。
新規開業白書の内容が。

さあ、こんな時に出番なのがコピーです。

コピーライティングとは、
この伝える「コトバ」を書く仕事です。

実はコピーの本質はセールス文章ではないんですよ。

よく勘違いされている方がおられるなですが、
セールスするためのコピーはセールスコピーといいます。

そうではないコピーもあるんですね。

というか私はセールスが嫌いなので、
セールスコピー、というか売り込みコピーは嫌いです。

書けますが、自身では使いません。

でもセールスコピーの使い方を知っていれば、
売り込みする必要も無くなるんですが、
また機会があればその事について書いてみますね。

では冒頭の話の続きを。

頭脳労働には糖分が必要だからと、
何かとチョコを食べる事を許していた私に、

「チョコは脂肪が多くて糖分はそんなに無いけど」

と妻からの一言でとても落ち込んでいますが、
何とかなりませんかね^^;

ちょっと苦しいですね。

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*