セールスが嫌ならコピーライティングを学べば良い?

 

ウェブ集客の要の一つであるコピーライティング。
しかし間違っているんですよね、いろいろと。。。

 

先ほどからEvernoteがなかなか同期せず、
イライラしてしまって冷静な考えが出来なくなっている
迎客デザイナーの酒井です。

 

あとで問い合わせたらサーバーに不具合があったと
メールが来ました。

普段使っているものが使えなくなるととても不便なんですよ。

エバーノートのように、もはやインフラになってるサービスは、
一旦不具合が起こるとユーザーへの影響が大きいです。

なのでシステムの正常化道などにコストがかかるだろうな~と。

楽して儲かる事業は存在しないんだと改めて実感してますね。

 

 

では今日のテーマです。

コピーライティングの話です。

 

私は主にコピーを書くのが仕事なので、
どんな仕事をしているのか説明する時間が無い時には、

「コピーライターです」

と言ってます。

 

迎客デザイナーをひと言でいうと、

「指名買いされるための仕組み作りの設計図を作成する仕事です。」

となるのですが、まだわかりにくいですかね。

 

「コピーライティングを学びたい」

という方が割りに多いと感じています。

 

しかしそのコピーライティングに誤解があるようなので
お伝えしようと思います。

 

ちなみに、ウェブマーケティングなどのネットを使って
収益を上げるためのスキルは注目されているようです。

コピーライティング自体はネットだけのものではないですが、
ウェブ集客ではとても大きなウエイトを占めるため、
私はそれに含めています。

 

 

で、そもそもコピーって何でしょう?

売り文句?

そんな感じですか?

 

例えばキャッチコピー。

キャッチと言うくらいですから、
人をつかまえてきて売り込んでくるというイメージがありそうです。

 

でも、コピーライティングを

「売るための文章」だと思っているからダメなんです。

 

売るための文章はセールスライティングとでも言えば良いでしょうか。

 

私はコピーライティングって、

『日常生活でも活用できる文章を作り上げるスキル』

だと思っています。

 

そのスキルをセールスに使っても良いでしょうし、
意中の女性への告白に使っても良いんじゃないでしょうか。

 

 

では例えで考えてみましょう。

あなたが提供しているサービスを広めたい。

そう思ってコピーライティングをしている所を
想像してみてください。

 

あなたはコーチングのコーチだとしましょう。

長期間にわたり実戦形式の課題にも取り組んで、
コーチングを受けた人からの評判もかなり良いので
自分のサービスには自信を持っているとします。

 

そこでウェブでの集客を始めるため、
自分のサイトにアピールする文章を書いていきました。

しかし一向に問い合わせがきません。

 

サイトのデザインは他のコーチングの人より
ハイセンスにしてもらいました。

その分の費用かかりましたが、良いと思っての先行投資です。

 

SEO対策として、ブログを毎日書いています。

しかし一向に問い合わせがきません。

キーワードを意識したライティングをしているのにもかかわらずです。

 

そして広告が良いからと勧められるままに月に30万円の
予算を使ってみました。

しかし一向に。。。

 

これらが一般的な失敗パターンです。

色々と対策をしているのでしょうが、肝心の部分が未検証なんです。

 

その一つがコピーです。

もちろん様々な要素が絡むので、
何でもかんでもコピーに原因があるとは言いませんが、
多くの場合コピー原因があると考えています。

 

それは一言でいって、「あなたの事が伝わっていない」んです。

 

初めてあなたのホームページを見た方は、
あなたと他の人の違いがわからないんです。

 

そもそも初めてに方にとって、
サービスの違いや特徴の違いはわかりにくいです。

でもそのことが分かっていないから、
全く見当違いの修正や対策をしてしまって
迷路に入り込んでしまいます。

「自分のサービスの方が優れているはずなのに・・・」って。

 

コピーライティングとは、
一般的には「セールス文」だと思われているでしょうが、
それは一つの面だけの話です。

 

コピーライティングとは、
物事を伝える効果的な方法論のことです。

 

それを主にセールスに使っているだけの話です。

 

例えば学校の先生にもこのスキルは活きてきます。

自分のクラスの成績が思わしくない。。。

それはもしかしたら、あなたの教えている内容が悪いのではなく、
単に伝わっていないからかもしれません。

 

奥さんと会話をするたびに、なぜか口論になりがちなのも、
もしかしるとあなたが言いたいことが伝わっていないからかもしれません。

 

営業が苦手な人

セールスするのに抵抗のある人

集客なんてしたくない人

 

これらに該当するとしたら、
コピーライティングを学んでみるのもいいかもしれませんね。

 

私はここ数年、妻とは口論しなくなりました。

以前は離婚騒ぎに発展するくらい衝突していたのにです。

 

自分でも不思議なくらいですから、
集客しないでお客様に集まって欲しいと思っているのなら、
一度学んでみてもいいかもしれませんよ。

 

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*