人の心をつかんで離さないウェブ集客ライティング その8

メルマガライティング、
本文作成のコツをお話ししますが、
あるいは意外に感じられるかも・・・

 

最近、楽しい仕事は成果が出ているくせに、
楽しくない仕事の成果が良くないことに、
少々悩んでいる迎客デザイナーの酒井です。

 

物事は楽しくやらないと
パフォーマンスが下がると実感しています。

我々のような知的労働の場合、
単位時間当たりの成果を最大化する事が
利益率アップのセオリーですからね。

 

好きこそ物の上手なれ

ホントに名言というのは、物事の本質を捉えてますね。

 

 

では今回も

ウェブ集客ライティングの使い方【メルマガ編】

の続きです。

 

今回で8回目になりますね。

 

 

昨日まではメルマガのタイトルについて
お届けしてきました。

我ながらよく出来ていると思う内容なので、
読み逃しておられたら、ご一読のほどを。(^^;

 

今日からメルマガの本文作成についてです。

これぞ『メルマガライティングノウハウ』です。

という内容になれば良いのですが。

 

というのも、実はメルマガライティングの基本は、
メルマガの回の初めにお伝えした通りなんです。

 

それは「面白い」こと。

それに尽きます。

 

しかし「面白い=笑える」では無いという
お話はしていましたね。

 

では面白いとは何でしょう?

 

そこが分からないと面白いメルマガは書けません。

このシリーズの5回目では、面白いメルマガの書き方の
ひとつ目はお話ししています。

 

それは

「自分が面白いとは思うメルマガを書いてみる」

でした。

 

 

ところで楽しい時間はあっという間に過ぎますよね。

好きなスポーツをしている時や、
楽しみにしているドラマを見ている時は
時間の感覚が無くなります。

 

人は集中している時にはどうやら時間を
感じないようです。

そのメカニズムは知らないのですが、

面白いとか楽しい間は時間の感覚がなくなる。

 

これを踏まえると、
メルマガを読んでいる時に時間の感覚が
無くなるようなモノを書く事を目指せば、
あるいは面白いと思ってもらえるかもしれません。

 

時間の感覚が無くなるような文章?

 

次回はそのあたりを考えていきましょう。

 

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*