ウェブ集客が成功している人は集客をしていない?

ウェブ集客を上手くやろうと苦しんでませんか?
それならきっとこんな勘違いをしてるんだと。。。

笑顔の指

 

 

 

 

 

 

私は迎客デザイナーと名乗っているのですが、
今日はその事について書いていこうと思います。

というわけで、この前デスクで書くと決めたにもかかわらず、
またまたスマホ片手に電車内で書いている迎客デザイナーの酒井です。

あなたは集客されたいですか?

集客されるのが好きって方。

多分稀な人だと思うんです。

だって集客されるということは、
その後に売り込みされるということですから、
売り込まれるのが好きだなんて、ねえ^^;

私は売らなきゃいけないって状況こそが、
問題だと思っています。

「でも、売り上げが上がらないと生活できないじゃないか!」

ハイ、おっしゃる通り。

売り上げが上がらないと収入が得られないのは、
その通りです。

でも少し考えてみてください。

あなたが必死になって売り込みをしないと売れないなんて、
そもそも、そのお客様に必要とされてるんでしょうか?

なぜあなたは売り込みをしなければいけないと思いました?

私の決めつけかも知れませんが、
恐らく誰かに聞いたか、本で読んだか、
あなた以外の方の情報が元だって思うんです。

その発信元は売り込みノウハウを売っている人って、
気が付いてますよね。

民放テレビでCMって見てます?

コマーシャルが始まったらトイレに行きません?

私は行きます。

それってみる必要が無いからです。

コマーシャルは売り込みしてるわけなので、
その商品が必要ないから見ないんです。

「じゃあどうしろって言うんだー!」

それはあなたのサービスを欲しいと言う方に
提供すれば良いんです。

相手から欲しいと言われたのですから、
喜んで提供して差し上げれば良いんです。

つまりあなたのやるウェブ集客とは、

『あなたから買いたいという方にあなたの事を伝えること』

だと言えますね。

なのでそこに売り込みなんて必要無いんです。

もっと言えば、競合と比較されることもないんです。

この考え方を私は迎客と呼んでいます。

あなたから買いたいと言ってくださる方をお迎えするんです。

だから集客をしてはいけないんです。

ウェブ集客の成功パターンは恐らく二つ。

資金を投入して広告をだして、
そこで集客した方たちに商品を売り込みパターン。

もう一つは、あなたのことを出来るだけ正確に伝えて
お客様から買いたいと言っていただく仕組みを作るパターン。

私は個人でウェブ集客をする場合、
2番目の方法しかないんじゃないかと思います。

そのことをご存じないからか、
無理やり売り込んでいるからクロージングなんて
話が出てくるんです。

もしここまでの内容に納得できないって方、
欲しくも無い人に売るためのスキルが欲しい人は、
そういったノウハウを学べば良いと思います。

私は売り込まれるのも売り込むのも嫌いなので、
ご縁が無いんだと思いますけど。

私はウェブ集客と言ってはいますが、
それは迎客という言葉の意味が伝わらないから
集客といっているだけです。

本来、集客なんて発想をしているからこそ、
売る方も買う方も不幸になっているんだと感じるんです。

もし、ウェブで集客をしたければ、
できるだけ早いタイミングで、

あなたの事をネットで伝えて、

あなたから買いたいと言ってくださる方と

出会う仕組みを作り上げることです。

これを世間的には「自動で集客するシステム」
なんて言ったりするかもしれませんが、
基本的なコンセプトが違います。

売るために集客するのではなく、
あなたを選ぶのかどうかを判断できる材料を
お客さんに伝えるのです。

これがマーケティングと呼ばれていることの本質です。

特に個人で事業を行う場合に向いているのが、
ダイレクトレスポンスマーケティングです。

DRMと言われることもあるこの手法は、
過度な売り込みをする方が多いからか
勘違いをされているようです。

本来はあなたに興味のある方と
どうやって関係性を築いていくかということです。

ダイレクトレスポンスマーケティングは、
今も効果的な集客・販売の手法です。

ただ私はそれを迎客に使った方が長い視点で見た場合には、
自分のためになると思います。

何しろ売り込まないのですから、お客さんから嫌われませんしね。

私は、酒井さんからウェブ集客を学びたい、
酒井さんなら自分の事業のことを一緒に考えてもらえそう、

そういっていただける方とお付き合いしたいですし、

そうする事で私がご提供できるアドバイスの
クオリティを上げることに時間を使えるので

お互いに良いことずくめだと考えています。

そう思いません?

なので個人で事業をやっている方は、
webマーケティングを実践していただきたいです。

それは、

「あなたが選ばれて指名がされるための仕組みを
ネット上に作り上げること」

なんです。

もしあなたの毎日の仕事の大半が集客だとしたら、
それは誰のためにやってるんでしょう?

本来はあなたのお客様にあなたのサービスを
提供することのはずなのに。。。

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*