LPコピーライティング 3つのコツ パート2

LPコピーライティングの
ポイントをまとめてみました。
3つのうちの2つ目です。

 

慣れない間はそうでも無いのに、
しばらくするとそれが当たり前に
なっている事に気がついて

「人は成長するんだなぁ」と感じる日が増えた
迎客デザイナーの酒井です。

 

昨日に引き続きライティングページの
コピーライティングのコツをお伝えします。

 

今更ながらに、文章を書くことは難しいです。

昔、スマホはおろかパソコンを
家で使う習慣がなかった頃は、
文章を書くことがありませんでした。

 

コミュニケーションは直接会って話すか電話で話すか。

どちらにしても話す事になるわけで、
そうなると会話術なるものに脚光が集まるんですね。

 

私もその手の本を読みました。

働くようになってからは本をよく読むようになったので、
「会話が上手くなる系」の書籍を10冊以上は読んだと思います。

でも全然、まったく、これっぽっちも覚えてません^^;

タイトルも思い出せないくらいなので、
ホントに役立てられなかったと反省しようかと。

 

でも今は電話で話すより、
SNSでの投稿やメッセージや、ブ
ログやメールなどなど、

文章でのコミュニケーションが主流です。

 

特にスマホの普及は大きいですよね。

今もこの文章を書いてるのはスマホですし、
誰かと連絡を取り合うのもメールやFacebookですから、
これまたスマホです。

 

そうなると「文章力」なるものが注目されるようです。

今日のテーマのLPライティングは、その文章力の話です。

 

LPの役割は昨日お伝えしましたね。

ポイントのひとつ目は「まずは読もうと思ってもらう」事でした。

 

本に例えたら、
買ってもらうかどうかの前の話で、
買うかどうかを考えてもらうために、
「どうやって手にとってもらうか」ですね。

 

で、いよいよその続きですね。

何とかユーザーさんに、
あなたのライティングページを読もうと
思ってもらえました。

「良かった良かった」ではないですね。

 

読んでもらうだけでは、
あなたは単に趣味でLPを作ってる人で終わってしまいます。

 

やはりLPから問い合わせをもらえないとね。

ではポイントのふたつ目は、

「問い合わせをもらう事」

ではありませんよ。

 

問い合わせをもらう前に必要な事がありますね。

 

さあ何でしょう?

あなたも普段しているはずですよ?

 

最近どこかのホームページやライティングページを見て、
問い合わせをした事はありませんか?

 

 

その時にあなたは必ず「文章を読んだ」はずですね。

 

当たり前過ぎるのですっ飛ばしてしまいがちですが、
文章を読むんです。

 

でも、そこに書かれている文章が、
今日の記事の冒頭みたいだったらどうでしょう?

冒頭に戻って読んでみてください。

 

何書いてるか分かります?

分からないですよね?

 

もしあれで何の話をしているのかが分かれば、
あなたは超能力者です。

だって私は「何に慣れてしまったのか」
まったく書いて無いですからね。

 

これ、電車に乗る時に座席に座るか座らないかの話でした。

そんなの分からないですね。
何しろ分からないように書いたのですから^^;

 

長々と失礼しました。

今日の記事は、

意図的に何が書いてあるか「分からないように」書いています。

これが今日のポイントです。

 

ではまとめです。

今日の教訓

何が書かれているかがすぐに分かるように書く事。

 

次回に、今日の記事に仕掛けてある
「もうひとつのネタ」を明かします。

お楽しみに〜!

 

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*