第9回 Facebookで集客する時のポイントは? パート3

物語の力で一歩先ゆくWEBマーケティング講座

~起業家が自分で実践するための

webマーケティング力アッププログラム~
 

物語の力を使ったウェブマーケティング情報を、

初心者さんに向けて細かくお伝えしていく番組の第9回目です。
 
今日のテーマも先週に引き続きFacebook集客です。
 
 
このシリーズを通してのテーマは、
 
「フェイスブックを個人で集客・
マーケティングに使っていく時のコツ」
 に特化しています。
 
 
前回まででFacebookを無料集客のメディアとして
使うための基礎をお話ししてきました。
 
 
さて今回はFacebook集客の最後として、
ピンポイントに表示をする人を選別する方法を
お伝えしていきます。
 
 
 
また読まれやすい伝わりやすい投稿の書き方については、
来週にお送りする予定です。
 
 
まずは集客の基本は、自分の商品・サービスに
関心のありそうな人へ告知を届けることです。
 
 
この関心のありそうな人を見込み客さんにする事が大切です。
 
ここを間違っている方が多いです。
 
 
「Facebookで集客する」といった漠然とした話しか
していない方は、あまりいい結果が出ないと思います。
 
 
それは自分が行っている告知がその方に響かないからです。
 
 
響く告知は誰に向けているかがハッキリしています。
 
そしてその告知内容もハッキリしています。
 
 
そのためには誰のための商品・サービスなのかを
明確にしておく必要があります。
 
 
そして誰のための商品・サービスかハッキリしたら、
自分の投稿を見てもらう人も自ずと決まってきます。
 
 
その見てもらいたい人にピンポイントに
自分の投稿を見てもらうために、
その方とFacebookで交流していくのです。
 
 
交流というのは、その方の投稿に「いいね」を
したりコメントをしたりすることです。
 
 
Facebookには特定の方との仲の良さを表すのに
「エッジランク」というものを基準に測定しています。
 
それは
親密度
重み
経過時間
です。
 
続きはPodcastで!

 

 

コンサル型ビジネス専門家向け「新規顧客を獲得する方法」(7日間講座)

【実績無しの新米コンサル】がライバルを差し置いてビジネスを軌道に乗せる方法 〔メール講座〕

 
 
このメール講座では、新米コンサルタントが
「どういった方法」で新規のお客様を獲得していくのかを
様々なノウハウを交えて解説していきます。
 

<<このメール講座で学んでいただける内容(抜粋)>>

『売り込まないコンサル型ビジネス専門家のビジネスモデル作り』

『コンサルタントが実践したい集客から契約・顧客化の仕組み作り』

『伝えたつもりが全く伝わっていない文章と伝わる文章の違い』

『売り込まないコピーライティングの本質』

『コンサル型ビジネス専門家としての心構え』

『クライアントさんとの人間関係の作り方』

『伝わる文章とはどういった文章なのか』

 

ただし、無料講座だからといって出し惜しみするつもりは
まったくありませんから、しっかりと時間をとって
ご覧頂くことをお勧めします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*