第40回 WEBマーケティングには欠かせないリサーチについて

マーケティング関連の情報で、
驚くくらい語られていないリサーチについてお伝えします。
 
 

 
というわけで、売り込まない集客プランナーの酒井です。
 
 
40回目の物語の力で一歩先行くWEBマーケティング講座は、
「リサーチ」がテーマです。
 
 
動画でもご覧いただけるようになりました!
 
 
 
まず結論ですが、リサーチがビジネスの成果を左右します。
 
死ぬほど大事です。
 
 
だからあまり語られないのではと思うくらいです。
 
これは実感としてはっきりと断言できますし、
成功者の多くは想像をはるかに超えるくらいのレベルで
リサーチを繰り返しているのです。
 
 
 
ところでリサーチと聞くと調査会社に
依頼するイメージを持つ方が多いでしょうか。
 
 
もちろん大規模なプロジェクトを動かす時には、
市場調査を綿密に行うために、
プロに頼んで調査と分析をしてもらい、
その事業のリスクを軽減するわけです。
 
 
ただこの番組のコンセプトは
個人や小規模組織の社長さん向けに、
自分でマーケティングを実施するときの
ヒントをお伝えする事です。
 
 
そのため専門業者に依頼するといった
話ではありませんので念のため。
 
 
ところでリサーチをしていますか?
 
私は何かやるたびにリサーチするのが癖になっています。
 
 
しかし以前は違いました。
 
なぜか不思議とアイデアだけは溢れていたので、
そのアイデアを実現するときのプランばかりを
考え続けていました。
 
 
その間、一切リサーチをしませんでした。
 
 
しかしある時衝撃を受けた出来事がありました。
 
それは自分が「こんなアイデアは誰も思いつかないだろう」
と自信満々だったサービスがすでに提供されていた事です。
 
 
しかもその方は私がサイトを見つけた時点で、
大勢のお客様から支持をされていたのでした。
 
 
そのアイデアを形にするために、
何日もメモとにらめっこしながら事業プランを
作っていたのですが、そのままでは使い物にならない事が
分かったのです。
 
そのプランニングにかけた時間は無駄になりました。
 
 
 
もちろんそのアイデアをそのまま事業として
展開しても良かったのですが、
 
当時の私は画期的なアイデアが無いと起業出来ないと
思い込んでいたため、すぐさまボツにしたのです。
 
 
そしてまた新たなアイデア探しが始まりました。
 
そして画期的なアイデアが出ないまま時間だけが
過ぎて行きました。
 
 
こんな経験を持っているためか、
リサーチがとても大切だということが身に染みて
分かるようになってきました。
 
 
くれぐれも自分のアイデアだけで完結するような
事業プランは避けてくださいね。
 
 
 
ではリサーチの方法に移ります。
 
と言ってもそれほど特別なことはしていません。
 
私は基本的にネットを活用しています。
 
 
取り組んでいるのがWEBマーケティングなので、
ウェブでのリサーチが基本ですからね。
 
 
調べることはその時に必要な情報ですから、
検索エンジンでキーワード検索をすることが多いです。
 
 
例えば競合他社が検索結果画面のどの位置に
表示されているかは検索すればすぐに分かります。
 
そしてその競合さんのビジネスの詳細は、
サイトを見れば分かります。
 
 
アナログ自時代には、その企業のことは電話や資料請求を
する必要がありましたが、今では楽に入手できるようになりました。
 
 
その分、自社のことも調べられているのですが。
 
 
で、私は電車の中がリサーチの場所になることが多いです。
 
パソコンの前に座っていないとリサーチが出来ないと
思い込まないことですね。
 
 
細切れ時間を使うようにしています。
 
 
もちろん必要ならばメモも取ります。
 
私はメモもデジタル化しています。
 
ツールとしてはビジネスマンに使っている人が多い事で
知られているEvernoteです。
 
このツールだとパソコンやタブレットとも
情報を同期出来るので便利です。
 
 
しかも画像も貼れるし文字に太字や色も使えるので
ここ最近はワードを使わなくなってきました。
 
 
個人で事業をしている起業家さんや、
実質ご自身で全てを取り仕切っている社長さんは、
とにかく時間がありませんね。
 
 
そのため、細切れで時間を使うことを習慣にしたいのです。
 
 
私はご自宅で仕事をする事をあまりお勧めいていません。
 
 
フリーランスの方には、その方が落ち着くからという方も
多いでしょうが、私は避けるようにしています。
 
 
理由は単純で、他に誘惑が多いからです。
 
意志が弱いとも言えますが、自分の意志が弱いからこそ、
こうした工夫で乗り切っています。
 
 
リサーチはできるだけ多くの時間を当てた方が
良いと思っているので、
 
その時間をどう確保するかに話が移りましたが、
ポイントはどこまで調べたら終わるのか、ですね。
 
 
私は、少なくとも、何ならのキーワードで出てきた
検索結果の3ページ目くらいまでは見ています。
 
 
それ以降のページには、明らかに関連性が低いなぁと
感じるページのリストになるまで見ていきます。
 
 
結構面倒ですが、リサーチが甘くて、
基本的な部分からやり直さないといけなくなるよりは
マシなので、そうしてます。
 
 
これは何も新規事業を立ち上げる時だけではありません。
 
ブログ記事を書く時にも使えますよ。
 
特にSEO記事を書く時には、取り上げるキーワードで
ググっておく方が良いですね。
 
 
先に調べる事ですでにあるかもしれないテーマ記事に
時間を割かなくても済みますからね。
 
 
他にもあるのですが、今日は長くなったので、
続きはまたの機会に。
 
 
* * * * * * * * * * * * * * * *
 
「ネットを使って集客をしたいけれど、
ゆっくり勉強している時間が無い」
 
確かに学ぶことだけでは集客も成約もできませんね。
 
 
「このブログ記事のどこが悪いか知りたい!」
 
具体的にどんな問題があるのかが分からないと、
次の記事をどう修正すればいいのか分かりません。
 
 
そこで私が直接、マンツーマンで実務レベルのアドバイスを
させていただくサービスを立ち上げました。
 
詳しくはこちらをご覧ください。
 
* * * * * * * * * * * * * * * *

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*