個人でやる時の正しいSEOとは?

ウェブ集客の鉄板ノウハウシリーズ その1

これからはしばらくの間、
ウェブ集客について書いていこうと思います。

題して「鉄板のウェブ集客ノウハウ」です。

上昇

 

 

 

 

 

 

 

今回はSEOについて、
よくありがちな内容以外について触れていきます。

では、始めます。

と言いつつSEOとは何かから確認です。

SEOとは日本語では検索エンジン最適化と
訳されています。

検索エンジンとは今の世の中では、
事実上Googleのことを指すと考えていいでしょうか。

あのYahooも検索エンジン自体はGoogleから
提供を受けていますから。

こと日本に限っていえば、
ほぼGoogleの検索結果画面に表示されるための対策を
SEOと呼ぶと考えてくださって構いません。

私はよくこの状況を揶揄する意味でこう言います。

「Google様に逆らうことは、ネット上から消されるに等しいからね」

世界の巨人ですから、進撃の巨人ではないですが、
我々が逆らっても太刀打ちできません。

なのでそんな巨人に抗わずに自社のメリットになるように
していこうと言うのがSEOの根本にある考え方です。

なので、SEOの最大ポイントは、Googleに評価されること。

となるわけです。

実際にGoogleは自社サイトでこう書いています。

『Google の使命は、世界中の情報を整理し、
世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。』

私はこの考え方にはとても共感しています。

その昔、まだGoogleも今のように
精度の高い検索結果を表示できなかった頃です。

どうやっても探しているページが見つからず、
何を目的にしているかよく分からない、
検索した単語が大量に羅列されているようなページが溢れていました。

「正直、ネットは使い物にならない。」

そう思っていました。

今から考えると、そこで違った考えをしていれば、
あるいは異なった活躍の場に立てたかもしれません。

「この役に立たないと思えるネットを変えることができれば、
大きなビジネスチャンスになるかもしれない」

まあ後の祭りですけどね。

で、先にお話ししたGoogleから評価を得るためには、
Googleの理念を実現する手伝いをすればいい
という考えに行き着くわけです。

そのSEOですが、実は正しい方法、つまり答えはあります。

しかしその答えを知っているのはおそらくGoogleの
ごく一部の方に限られるでしょう。

残念ながらGoogleは、SEOのための方法論の元になる
検索結果の表示に関する仕組み、ロジックを公開していません。

今世の中に出回っているSEOのノウハウは、
すべて結果から導き出しか対処法に過ぎません。

なので過度な期待をしても無駄に終わるかもしれないわけです。

それでもやはりGoogleの検索結果に表示されるメリットは計り知れませんよね。
そのことについて異論はありません。

ただ気をつけたいのが、SEOとは業者に頼むものだという考え方です。

全てとは言いませんが、
所詮対処法に過ぎない行為に対して多額の費用を払う事が、
本当に正しいかどうかを判断できるだけの情報を得て下さいね。

私は個人がSEOを行うのに、
基本的に他人に委ねることは必要ないと考えています。

それは正しいSEOとは、Googleに評価される事だからです。

私が考える評価されるポイントは、

Googleのお客さんが喜ぶ事をする。

です。

それは実は自分のためになる事をするだけなんですけどね。

だって我々はGoogleのお客さんですから。

では質問です。

あなたは何のためにGoogleやyahooで検索するのですか?

調べたい事がある
知りたい事がある

からですよね?

では、Googleの役割は何でしょう。

先ほども出てきたように情報を整理し的確に届ける事です。

この情報とは正確には、
我々検索エンジン利用者にとって役立つ情報ですね。

だとしたらあなたはSEOのために何をすればいいと思いますか?

次回はこの続きから始めましょうか。

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*