SEOには欠かせないキーワードの決め方3

SEOでのキーワードの決め方には、
様々な選定基準がありますが、そのための条件は、、、

 

前回は必須条件を解説しました。

そのポイントは3つです。

覚えておられない方は見直しておいてくださいね。

 

と言うわけで、気がつけばもう夏休み突入しているのに
学生時代のワクワク感が味わいたくても味わえずに
悶々としている迎客デザイナーの酒井です。

 

 

SEOでのキーワードの決め方を解説してきました。

「SEOで上位表示をしたいキーワードの選ぶ時の条件は?」

という話をしています。

 

今日は昨日の必須条件に引き続き、
SEOのキーワード選定の十分条件を解説していきます。

 

必須条件は、いわば必ず守らなければならない基準です。

この基準を外すと、SEOでの集客効果が
ビジネスの成果に結びつかないのです。

 

ただ、それ以外にも成果を生みやすくする
キーワード選定の条件があるので
そこを解説するのが今日のテーマです。

 

 

SEOでのキーワード選定基準

十分条件

(この条件を満たした方が
より成果が上がるであろうSEOキーワード)

1:今すぐ系キーワード

今ネットで検索する方ならキーワードの入力方法を
かなり工夫されていると思います。

つまり自分の求める情報がダイレクトに
見られそうなキーワードが、どんな単語なのかを
試しながら見つけていく感じでしょうか。

そこで我々起業家は、
そのユーザーが今すぐ何かをしたいと思っている時に
使いそうなキーワードでSEOをするのです。

今すぐ悩みを解決したいとか、
すぐに相談に乗って欲しいという時には、
どんな探し方をするのかを逆算しておくのです。

これは直接的に売り上げや問い合わせに
繋がるキーワードなので、決して競合他社に
後れを取ってはいけないキーワードと言えますね。

 

2:悩みを解決したい系キーワード

このキーワードは自分では問題や課題が
解決できない方が解決法を教えてくれそうな方を
探すときに使う単語です。

ユーザーの抱えている問題にもよりますが、
悩みを解決するには費用がかかることを
認識している方が多い場合は、
積極的にSEOをかけていきたいキーワードです。

悩みの種類によっては高額な費用をかけるつもりがある
ユーザーさんがいる可能性が高いですから、

あなたが提供しているサービスや商品が悩みに対する
解決方法を提供できるのであれば、

どんなキーワードがユーザーにとってマッチするかを
知る必要がありますね。

 

3:答えを知りたい人が使うキーワード

ネットで検索をする場合、
知らない専門用語の意味を知りたいなど、
直接的な答えを求めている方が使うキーワードがあります。

その場合、たいていは無料でその意味を知りたい、
概要を知りたいなどといったシチュエーションでしょう。

そこから有料のサービスや商品の購入に結びけるには、
相応の時間がかかります。

そのため単にユーザーが求めている情報を記載するような
SEOだけで終わらないことが大切です。

つまり継続的にこちらの情報を見てもらうようにして、
あなたが専門家であることを認識してもらい、
そのユーザーが費用を払ってでも得たい情報が出てきた時に
頼ってもらうようにするのです。

 

まとめ

こういった内容は実務をしていないとなかなかわかりません。

丸投げ系のSEO業者では、
こういったことまで考慮しているかどうかを
注意していく必要がありますから、
結果的に他人に任せておけば大丈夫とはならないのです。

単に上位表示を狙うだけでは事業の成果に結びつかないのは、
こういったユーザーの心理を理解できていないから起こるのです。

ぜひこれからSEOを行う場合は意識していって下さいね。

 

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありとうございました。

コンサル型ビジネス専門家向け「新規顧客を獲得する方法」(7日間講座)

【実績無しの新米コンサル】がライバルを差し置いてビジネスを軌道に乗せる方法 〔メール講座〕

 
 
このメール講座では、新米コンサルタントが
「どういった方法」で新規のお客様を獲得していくのかを
様々なノウハウを交えて解説していきます。
 

<<このメール講座で学んでいただける内容(抜粋)>>

『売り込まないコンサル型ビジネス専門家のビジネスモデル作り』

『コンサルタントが実践したい集客から契約・顧客化の仕組み作り』

『伝えたつもりが全く伝わっていない文章と伝わる文章の違い』

『売り込まないコピーライティングの本質』

『コンサル型ビジネス専門家としての心構え』

『クライアントさんとの人間関係の作り方』

『伝わる文章とはどういった文章なのか』

 

ただし、無料講座だからといって出し惜しみするつもりは
まったくありませんから、しっかりと時間をとって
ご覧頂くことをお勧めします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*