Read Article

SEOの落とし穴にハマらないために2

SEOで上位表示が出来たらOK!
そんな事はなかったという話の続きです。

 

SEOの成功パターンだと思っていた、
上位表示が全くアクセスアップに繋がらない状況を、
どうやって克服するかを考えていきます。

 

 

というわけで悪戦苦闘をし続けているうちに、
上手くいく方法を見つけるのが上手くなってきた。

と思っているだけかもしれない迎客デザイナーの酒井です。

 

 

人間の対応力には本当に感心します。

はじめは辛いと感じていたことも、
いつの間にか慣れてしまうのも対応力ですからね。

 

もっとも、いつまでもアクセスが集まらない
ブログをやっていく意味が無いので、
その先どうやって現状を克服しいくのかを考えていきます。

 

今更ながらですがSEOとは、
検索エンジンからの流入を期待しての取り組みです。

 

 

それは売り上げをアップするとか、
問い合わせ数を上げるという、
事業の収益に結びつけるための集客法です。

 

検索結果の画面で上位表示が出来れば、
情報を求めているユーザーさんの
目に触れる機会が増えると思っていたのですが。。。

 

しかしここでショッキングなデータをシェアします。

これも知りたくなかった事実ですが、

 

何かを調べようとググった時に表示される
結果画面の「一番目のサイトのリンク」を
何割の人がクリックしたと思います?

私は90%くらいの人は見ているのだろうと思いました。

 

 

 

でも正解は19.4%です。

 

80%以上の人は上位表示された一番目のサイトを
見ようともしなかったのです。

出展先を失念したのですが、このデータは2014年のものです。

 

2年も前から上位表示がアクセスアップにならない事が
デーでも示されていたのです。

いや〜困りましたね。

 

なので、これからSEOに取り組む場合、
とても大切なのは「いかにクリックしてもらうか」
になっていくのです。

 

もちろんキーワードの選定が大切なのは今も変わりません。

ただ、今までのように上位表示で
アクセスアップとならない可能性が
ハッキリとデータで示されたため、

上位表示は前提として、

「どうすればクリックされるのか」

がアクセスアップのポイントに変わってきていると言えます。

 

そのクリックされる秘訣は、

「ユーザーの欲求に応えているのか?」

なのはもうご存知だと思います。

 

でも見落とされがちなことを中心に、
次回はもう少し掘り下げていきたいと思います。

 

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top