もしもシャアザクに乗りたければ早口にならないと

私は赤が好きなのですが、
それはきっとシャアの影響だろうと思うと、
いかに周りから影響を受けているかが、
ちょっと怖くなっている迎客デザイナーの酒井です。

赤

 

 

 

 

 

 

 

シャアザクはご存知ですよね?

シャア専用の赤いモビルスーツのことです。

ファーストガンダムの導入部分で、
仮面をして洒落たヘルメットをかぶったシャアには、
真っ赤な専用のモビルスーツが与えられています。

なんとも萌えるシチュエーションではないですか。

男子たるもの、やはり自分が主人公
(シャアは主人公のライバルですが)
でありたいと願うものですから、

私にとってはシャアのしたたかでいて
冷血さの中にも悲哀の感じられるパーソナリティに
心惹かれたんだと思います。

なので彼の乗る赤いモビルスーツが特別である事が
刺さったんでしょう。

そのシャアザクは通常のザクの3倍の速度だそうで、
ルウム戦役ではシャア一人に5隻の戦艦が撃破されるほどの
高性能ぶりです。

でもよくよく考えると、シャアザクに乗るのは大変だって思います。

何しろ3倍の速度ですから、操縦も3倍の速度が必要です。

よね?

画面で見る限り、それほどの速度で操縦している感じは
しないのですから、きっとシャアザクの操縦補助機能が
優れているのでしょう。

ただし操縦はシステム的に補佐してもらえたとしても、
判断の速度についてはそうはいかないはずです。

当時はサイコミュなどの脳波なとの信号を
直接操縦に活かすようなものが無かったので、
シャアは通常のひとの3倍の速度で思考しているはずです。

という事は、相当早口だったんではないかと・・・

思考は言語ベースで行いますから
言語化しないままの思考をモビルスーツに
伝えられない以上はそうせざるを得ないと思います。

それに、周りは1/3の速度ですから、
スローモーションのように感じるはずです。

堤幸彦監督のスペックに出てくる一 十一(にのまえ じゅういち)
(神木隆之介)のように時間を操っている状態と近いでしょう。

しかも相手は止まっている訳ではないので、
見方に当たらないようにするのも一苦労ではないかと思うのです。

もしシャアザクに乗ろうとすれば、
これらの難関をくぐり抜ける必要があるのですから、
シャアは間違いなくニュータイプなのでしょう。

もっともアムロはそのシャアを凌駕する能力を
発揮したのですから、この2人の戦いは BLEACHでいえば、
一護と藍染惣右介の最終決戦レベルのバケもの大戦の様相を
呈していたのでしょう。

もう目にも止まらない。

目の前から消えたように思う。

こんな感じで周りとは別次元の動きをしていたのですね。

もし私がシャアザクに乗ったら、
きっと数秒で味方機に当たってゲームオーバーになります。

主人公にはなれそうもないですが、
裏方としてならいろんな方の役に立っているので
これからも後方支援に徹しようと思います。

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*