コンサル・アドバイスは●●の人がイイ理由って?

コンサルタント、アドバイザー、カウンセラーの方
これからそういった専門職を目指そうという方。
この事だけには気を付けてくださいね。

ようこそ

 

 

 

 

 

 

 

最近ショックなことが起こりました。
いわゆる詐欺というものに騙されたみたいです。

昨日その件について専門家に相談に言っていたのですが、
狡猾な手口なのでどうやら泣き寝入りするしかないと言われました。

ただ私は諦めが悪いので次にどうやって対抗しようかと
アイデアを練っている状態です。

この話、見た目のインパクトを狙ったウソではないんです。

今もネットに状況を公開する準備も進めています。

というわけで迎客デザイナーの酒井です。

世の中には詐欺と呼ぶにふさわしいのに、
法の盲点をつくような悪質な手法で
お金をだまし取る事例が本当に多いんだそうです。

昨日法律の専門家に相談に言っていた時も事例を聞きました。

私は本気でそんな人をだましてお金を得る人間に虫唾が走ります。

もちろん鼻から人をだますのは論外としても、
結果的に騙すに等しい行為をしてしまうってことを
してしまうかもしれないので注意された方が良いという話です。

専門知識を提供してお金を頂く、
コンサルタント・アドバイザー・カウンセラー
といった知的サービス提供の起業家さんは
この罠に陥らないでくださいね。

私は常々、現役ということにこだわっています。

例えば、本で読んだだけの知識を、
さも自分のノウハウのように語るのは止めようとか、

人から聞いただけの話を自分の考えのように
自慢げに話すのは止めようといった具合です。

例えば本やセミナーで聞いた話で感心したことって、
きっと自分には意味があるからでしょうか、
印象深く心に刻まれているようです。

なのでついついそのことを他の人に話したくなるんですが、
問題はその伝え方です。

さも自分の考えのように話すことは気持ちがいいんですよね。

「へぇ~それスゴいね」

なんて言われると嬉しくなってしまうんで、
余計に調子に乗って少し話を盛ったりして

演説家よろしくペラペラと話をづけてしまうことを
やめられない時期がありました。

でもそれは自分の力ではありません。

その考えをひねり出した人の功績です。

ある意味盗んでると言ってもいいかもしれない行為だと
気が付いたため今はぱったりやめることが出来ました。

それは実際にアドバイスをするようになったからです。

以前はコンサルなんて楽勝!

知識は十分学んでるし、いろいろなノウハウも
知ってるのだからと息巻いていまいた。

でも現実は違いました。

自分が学んできたノウハウを伝えるだけではダメだったんです。

それでは私がそのノウハウを開発した人の話を伝えているだけ。

アドバイスではなくナレーター、もしくはスピーカーに過ぎません。

その方はこちらのアドバイス通りに実践している。
なのに結果が出ないってことが起こりえます。

アドバイスってそんなに簡単なことではないんだと思い知り、
一時はアドバイス・コンサルティングをやめた時期がありました。

ですが不思議とこういわれていることに気が付きました。

「酒井さんの話はとても奥が深くて、
自分にない考え方を伝えてもらえるので、
一字一句聞き逃したくないんです」

ちょっと嘘っぽいかもしれませんが、
ある方と打ち合わせをしていたりする時、
熱心にメモをされる光景を見るようになったんです。

「今の話はこの人には刺さってるんだなぁ」

と実感しています。

何に話をしているのかも忘れてしまったのですが、
相手にとっては雷に打たれたかのような衝撃があるでしょう。

でもこれぞ学びって感じでいいですね。

私もそのことを通してまた学べているので、
やはり人に物事を伝えるのは成長にはなくてはならない
と実感するばかりです。

さてあなたはいかがですか?

もちろん誰にも初めて学びだした時期はあります。

「学ばなければ専門家になんてなれないじゃないか!」

というお気持ちはよくわかります。

でも学びだした当初は初心者です。

理論は知っていてもクライアントさんにアドバイスをしたことが無いんで、
良い方は悪いですが練習をしないといけないんです。

なので最もいいと私が思っているのは

「自分は理論を学んだばかりの初心者です」

とハッキリ告知することでしょうか?

「そんなことをしたら信用してもらえない!」

って思いますよね?

その通りだと思います。

実績ゼロって言っているわけですから、お金を払うどころではないでしょう。

でもそれを避けて通れません。

なので無料ででもいいから経験を積ませてもらうことでしょう。

その最もいい方法がすでにその世界で活躍している方の
事務所で実務を担当させてもらうことでしょう。

いわゆる修行ってやつです。

現役として活躍することでしか
コンサルタントとしてのスキルは得られません。

理論を知っているだけの方は
セミナーで活動しすればいいと思います。

コンサルタントというのはそれほど責任が重い仕事です。

なのでコンサルタント養成講座といったたぐいの
講座やセミナーに行ったからといって・・・

どう思います?

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*