ヒット商品を自分で生み出すコツ

今日はホントに外に出かけるときの服装に
困ってしまって、薄いダウンの下で
汗だくになってる迎客デザイナーの酒井です。

ヒット商品。

ブランド1

 

 

 

 

 

 

 

この響き。

どう思います?

自社で、何としてもヒット商品を生み出したい!

といった願望がある方に商品開発の
ヒントになればと思い書いてみます。

ところで「ミドリムシクッキー」ってご存知ですか?

この商品は株式会社ユーグレナが
製造販売しているお菓子です。

私がこのミドリムシクッキーを始めて目にしたのは、
一昨年に妻と観光に出かけた際に立ち寄った、
日本科学未来館でのことです。

お土産として売られているのを見かけて、
珍しいもの好きな我が家は、いそいそと買って帰りました。

もともとミドリムシの正式名称は
ユーグレナというそうで、

地球の未来を救う生物として長年研究されている単細胞生物で、
その名の通り緑色をしているのですが、

なぜ緑色なのかといえば葉緑素を持っているからなんですね。

このミドリムシは生物と植物の両方の特性を
もっているのが他の微生物との大きな違いです。

詳しいことは私もあまり知識は無いのですが、
その利用価値が地球に優しく、しかも人体にも優しい
という非の打ち所の無い生物なんですね。

ミドリムシクッキーは健康補助食品としての位置付けがあり、

葉緑体を持っており光合成をしますが植物ではなく、
細胞を変形させて運動もする、単細胞生物です。
水、栄養塩、太陽の光と二酸化炭素だけで、
人間に必要な栄養素のほぼ全てを作り出すことができます。
また、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)
といった不飽和脂肪酸も豊富に含んでいます。
日本科学未来館サイトから引用
http://www.miraikan.jst.go.jp/m/info/091201158404.html

と、人間にとっての完全食品になる食材なんですね。

また、バイオ燃料の材料としての開発が進んでいて、
カーボンフリーの世界実現のためのエネルギー源として
かなり有力なのだそうです。

で、これ程の特徴やメリットを待っている
ミドリムシを材料に作られている
「ミドリムシクッキー」ですが、

食べられたことはありますか?

「存在自体を初めて知った」

という方を多いかもしれませんね。

また、食べたことがあるという方。

最近はいつ食べました?

「お土産でもらって以来、食べたことは無い」

って方が多いと思いません?

私は統計データを持っていないので、
ここから先はあくまで体感の話ですが、
ミドリムシクッキーが生活の中で話題に
上がっている場に出合ったことがありません。

うちも正にそうで、

「これは良い!」

と即買いしたにも関わらず、「もう一度食べたい」
という話をしたことはありませんでした。

何故なんでしょうね?

先にお話しした通り、
ミドリムシクッキーはサプリや健康食品のジャンルでは、
他の追従を許さないであろう品質を持っているはずなのにです。

では、明日から「ヒット商品の条件とは何か」を踏まえながら
考えていきたいと思います。

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*