押し売りが嫌がられる理由って分かります?

電話中のシニア女性1

 

 

 

 

 

 

 

最近カレーを食べていないなぁと考えると、
何故だか寂しさがこみ上げてくる迎客デザイナーの酒井です。

ではさっそく昨日の続きです。

私が知人からパソコン購入について質問を受けた時に、
タブレットを勧めたという話でした。

実はこれには続きがあります。

「パソコン買うならどれがええの?」

との投げかけに、

「それならタブレットの方がいいやん」

と返事をしました。

この後どうなったと思います?

「なるほど!そうやなぁ。良いこと言ってくれたわ!」

私の中ではこういう反応があると期待していました。

が、結果的に受け入れられませんでした。

何故でしょうね?

「両親にプレゼントするパソコンを買うならどれが良いか」

という質問なので、高齢の方にはパソコンは操作を覚えるのが
大変だろうからタブレットを勧めたのです。

しかし返ってきたのは、

「いやワードで文章を作るらしいからダメやねん」

という返答でした。

そこで、

「タブレットでもワードは使えるけど」

というと

「文字を入力しづらいやろうから」

「タブレットの方がフリック入力出来るから、
かえって早くタイピングできると思うけど・・・」

「いや、もう高齢やからボケ防止に
キーボードで文字を入力した方がいいから」

こんな感じで、結局私のタブレットをプレゼントする
という案は却下されてしまいました。

何故なんでしょう?

別に私は自分の意見が正しいという話を
しているのではありません。

ただ、こちらの主張が、ほとんど頭ごなしに
否定されていることに注目しているのです。

「俺の意見を無視しやがって!」

と怒っているのでもないんですよ。(^^

私がその知人に受け入れられなかった理由を
考えることが大切だという話をしているんです。

これはセールスの現場では良く出喰わす
シチュエーションではないかと思います。

営業マンが勧めた商品を、
何だかんだと切り返しの言葉でかわし続ける
といった攻防戦を思い浮かべてください。

ザ・交渉

って感じですね。

お互いの主張がかみ合わない場合は、
この様な言い合いが起こります。

とても疲れるんですよね。

でこういったやりとりは、
セールスの場合「押し売り」と言われるでしょうね。

相手が納得していないのに次々に自分の意見ばかりを
押し付けて買わせようとする行為ですから。

ちなみに私はキライなんです。

押し売りをされるのも、するのも。

今回の場合は、私は 知人にはタブレットを
押し売りしていたんですよね。

なので途中で引き下がりました。

きっと彼の頭の中には答えがすでにあったのでしょう。

その答えに私の同意という裏付けが欲しかったのかも知れませ。

それを感じたので、

「あまり高い性能は必要ないのなら、中古でも良いかもね」

と返しておきました。

その後は、

「やっぱり低価格品の新品の方が故障した時の
保障があるから良いかもしれない、、、」

などと独り言のようにつぶやいていました。

オススメのメーカーを聞きたかったのかも
しれないなぁと思いながらも話を終えました。

これが押し売りが嫌がられる理由です。

私が提唱している「迎客」とは真逆の販売方法なので、

自分が知らない間に押し売りしないように
気をつけようと改めて思った出来事でした。

そう思いません?

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*