拾えませんでした。スミマセンm(__)m

厚紙と普通紙の境目ってどこなんだろうと、
特に今の生活に無関係な疑問を結構マジメに
考えてしまった迎客デザイナーの酒井です。

今日は自己反省をしてるだけなので、
お忙しい方はまた明日にでも。

ところで、何気ない失敗って、それなりにありますよね?

私は特に失敗が多い方ではないと思うのですが、
先日シンガポールに渡航した際の帰国便でやってしまいました。

午後に出発の便だったのですが、夕方に機内食が出た時のこと。

和食と洋食のどっちにするかと聞かれる前から、
一度機内食の和食とはどんなものかを試してみたかったので、
即答で和食と伝えました。

シンガポール航空機内食

 

 

 

 

 

 

メニューには蕎麦とあったので、
いったいどんなお蕎麦が出てくるのかと、
期待と不安を抱いていた私の肩をすかすように、
いたって普通のものが提供されました。

ちなみに、この機内食ではご飯とお蕎麦とパン
という3つの炭水化物食品が出てきたのですが、
機内食のメニューも大変なんだなぁと
妙に感慨深い感覚になりました。

さあ食べようとお蕎麦のツユが入っているパックを、
中がこぼれないように注意しながらゆっくりと
剥がしていきます。

「ここでこぼすと面倒やから、
間違っても今はエアポケットには入るなよ」

などと考えながら少しずつやったのが功を奏して無事開封に成功。

メインのおかずが入っている器のアルミホイルも
無事に外し終え写真を撮影。

さあ食べようとした時のこと。

それが起こってしましました!

写真には写っていないのですが、
今回の食事にはお箸とは別に金属製のフォークとナイフ、ス
プーンが紙ナプキンとともに付いていたんです。

「和食だから要らないのに」

と思い、トレイの端に避けてから食事を始めたのですが、
メニューが豪華すぎて置き場を失ったその食器が一直線に落下。

カランカランと音を立てて私の足に当たりながら
床に落ちていきました。

「しまった!」

小さく言葉を発してしまったものの、もう落下した後です。

食事に使っていたものではないから汚れては
いないから後で拾えばいいかと食事を先に終わらせました。

その後、トレイを下げてもらう段になって屈もうとしたのですが、
座席の床に手が届きそうもありません。

そこで仕方なく、CAさんに、

「食器を落としてしまいました」

と告げると

「そのままで結構ですよ」

とニッコリ微笑みながら優しい言葉をかけてもらえました。

しかしこれで一件落着という訳には行きませんでした。

足元にはフォーク、ナイフ、スプーンが散らばっています。

そうです、それらが邪魔になって足の置き場に困ってしまったんです。

ご存知の通り飛行機の座席の足場はかなり窮屈です。

拾わなくても良いとは言われたものの、
やはり邪魔になっていることを感じた私は、
あろう事かその散らばった食器を、靴を履いたままの足で
横に寄せてしまいました。

ほぼ無意識的な行動です。

しかし食器はその後誰かの口の中に入るモノだと気がつき、

「ゴメンナサイ」

と心の中でつぶやきながら、一旦は足を止めました。

「うーん、このままだとまだ到着まで数時間ある機内では辛いなぁ」

と独りごとを言い、謝罪の気持ちを持ちながらも
そのまま足で横によけさせてもらいました。

あの後、その食器はきっと消毒をされて
きっと誰かの食事に使われるのだろうと思うと、
今もあまり良い気分ではありません。

もし、その誰かがあなただったとしたら、本当にすみません。

と謝っても遅いですけどね。

で、ここまで考えてふと思ったのは、
私も過去に誰かが足蹴にした食器をこれまでにも
使ったかもしれないという事です。

まあ、それなら「おあいこ」という事で、
と変に納得したのですが、私はその時どうすれば良かったでしょうね。

真剣にマイお箸を持参するのを世界標準にしてはどうかと、
その方法を考えた1日でした。

と言うわけでホントに今日は自己反省だけでスミマセン。

また明日。

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*