衝動買いが起こるための4条件とそのメカニズムについて

パリパリバー<大人のスペシャリテ>
迎客デザイナーの酒井です。

●衝動買いは狙って出来るか?

今日のテーマは衝動買いのメカニズムです。

ちょっとだけアカデミックにやってみようと思います。
なので論文風なタイトルを付けてみました。

ついこの前なんですが見事に衝動買いをしたので、
物を買うときに人はどんな行動(思考)を
とっているのかについて考えてみます。

●衝動買いの現場に潜入(といっても自分の話ですが…)

近所のいつも行くスーパーでのこと。

私は週に一回の買い出しに、荷物持ちとして駆り出されます。

ココだけの話、別に私が行かなくても
自転車ででも出かけてくれれば
特に問題ない気もするのですが、

それは恐ろしくて口には出せませんので、
おとなしくついて行くことにしてます。

で、まだ少し残暑の熱気が残っていた日だったので、
アイスでも買って帰ろうとショーケースに行くと、

一目でそれと分かるプレミア感あふれるパッケージに目が留まり、
そのまま買い物かごの中に入れてしまいました。

その間わずか2~3秒といったとことでしょうか。

ではこの間に私がどういった行動を取ったのかと、
その時に何を考えたのかを振り返ってみます。

アイスでも買おうと売り場まで行きますが、
特に商品を決めていたわけではありません。

好きなのは井村屋のあずきバーですが、
その日は特売が行われていなかったのでスルーしました。

やっぱり値段には敏感になってしまいます。

ところが普段ならあまり目をやらない箇所に
吸い込まれるように移動して一転に視線が釘付けに。

 

それが森永製菓の「パリパリバー<大人のスペシャリテ> 」です。

 

パリパリバー<大人のスペシャリテ>

見ただけで他の商品より高いとわかるパッケージ。

しかし、視界に飛び込んでくる目立つデザインです。

紺色に金色のロゴ、いい仕事されてますね。

でも高級感があるとはいってもそこはアイスです。

特に覚悟するほどではありません。

 

そのまま妻に一言、
「これ買うよ」というと「私も」と意外な返事が。

嫌みの一つも言われるかと身構えたんで空かされました。

 

じゃあ振り返りながら見てみます。

 

●衝動買いが起こる4つの条件とは?

 

私は4つの条件があると思います。

まず1つ目が「目立つ」です。

 

私は今回の「パリパリバー<大人のスペシャリテ> 」を
知りませんでしたので、この商品を私が買うためには、
私がそれを認知しないといけませんね。

当たり前ですが、 知られていない商品は買われることがありません

なので新商品はテレビなどで広告をするんですね。

認知してもらうために。

 

2つ目が「一目で欲しいと思ってもらえるか」です。

 

欲しいと思ってもらえないと買ってもらえないです。

しかも一目で、ですからなかなか大変ですね。

 

3つ目は「その商品を買うための理由があるかどうか」です。

 

これも当たり前ですが買う理由がないと買われません

例えばおしゃれなパッケージだったとしても、
それがいくら目立っても、もしそれがお酒だったら買わないのです。

それは私がお酒を飲めないからです。

私はまだ暑さが残っていた日だったので、
冷たいアイスを欲しいと思ったんです。

 

そして4つ目が「買える価格か」です。

 

当然、払えると思える金額でなかったら買えません

今回はアイスなのでもっと高額なハーゲンダッツ
だったとしても買うことは可能でした。

しかし、物理的にお金を持っていても
お金がないと考えていてはやっぱり買いませんね

私がそれこそ財布に100万円入れていたとしても、
「100円以上のアイスは買わない」と思ってる場合は
恐らく買わないでしょう。

その決心を覆すほどの何かがないと。

 

●衝動買いが起こる時にどんな感情が起こるか

 

これらのハードルを越えて、
晴れて「パリパリバー<大人のスペシャリテ> 」は
私の胃袋に収まりました。

ちなみに、パリパリの名前の通り
バニラアイスの中に織り込まれたチョコが

パリパリで歯ごたえは良かったです。

パリパリハッピー

 

プチ贅沢を味わいました。

買うときにこの「ちょっとした贅沢感」
味わいたかったので、見事に目標達成です。

でも箱のサイズの割にアイス本体が小さくて・・・

なんでも森永製菓とモンデールのコラボ商品らしく、
パリパリハッピーキャンペーンというのを展開中みたいです。

でも私は、くじ運が歴史上の誰にも負けないと
思えるくらい悪いので応募はしません。

もしこれをご覧のあなたが当選したとしても
私には決して言わないでください。

凹むので。。。(^^;

では今日はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*