コイケヤの「もも味ポテチ」は誰向けなのか分かりますか?

迎客デザイナーの酒井です。

Podcastの日経トレンディで紹介されていたコイケヤの「もも味のポテチ」。

私は一言もその話をしませんでしたが、
先日、仕事を終えて家に帰るとダイニングテーブルの上に、
ぽつんと置かれていました。

 

湖池屋のポテチ ピーチ味

「おー、食べたかったんや。」

夜に大きな声で妻に喜びを伝えると、

「他にもみかんとかあったけど、こっちにしたのよ」とのこと。

こういうのって伝わるものなのだろうか。。。

何がかというと、私が好きな果物は順にスイカ、梨、桃なのです。

みかんでなくて桃を選ぶところがね。

で、妻に聞いてみました。

このポテチは「ある人たちに食べてもらおう」
という思いがあるんやけど分かる?

「えっー。桃が食べたい人?」

「そしたら、桃買えばいいやん」

「うーん、わからん。

「じゃあ、質問変えるわ。
ある食べ物を食べてる人なら買ってくれるって思ったらしい。
どんな食べ物食べてる人やろ?」

「新しいポテチの味が好きな人?」

「なるほどな。確かにあるかも。
でも、今回のはもっと具体的なジャンルやねん。」

「分からん」

「それはな、フルーツグラノーラ食べてる人に向けてるんやって」

「えー!? それ、無いと思う」

そんな話をした後で、さっそく食べてみたら。。。

「うん、確かにフルーツグラノーラっぽい」

「まあ、そうかもしれんけど、ワタシはビミョー」

妻は毎朝、フルーツグラノーラを食べてます。

そんな妻からすると、もも味のポテチはビミョーだそうです。

ではまた。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*