あなたが指名買いされるために必要な強みとは? その1

もし差別化や強み、USPを生み出すのに
苦心しているとしたら、
その前にやる事があるのですが。。。

 

ここ数日、どうも調子に乗りにくいというか、
いつものパフォーマンスを出せていないと
悪戦苦闘している迎客デザイナーの酒井です。

スランプと言えばそうなのかもしれません。

でも、結果は出さないといけないわけで、
そのプレッシャーはとても大きいです。

でもそれがないと次のステージに行けないのだろうと、
物分りが良くなってきたのか丸くなってきたのか。。。

 

では今日は戦略の話です。

まず、戦略について触れておきます。

戦略とは何でしょう?



ずいぶん漠然とした質問でしたね。

失礼しました。

 

経営論やMBAを履修されている方なら、
学術的な解釈を含めていろいろとご存知だと思います。

 

ただ、ここではそういった意味での正解を
求めているのでありません。

『個人事業主が自分のサービス提供を
軌道に乗せる時に必要なのは何か』

という事を考えていきたいのです。

 

では私が考えている戦略についてお話ししたいと思います。

 

先ほど書いた通り、

個人事業主が起業を成功させるために必要なのは、

「どんなお客様にどんなサービスを
提供するのかを決めること」

「その時に競合するであろう他社との比較を
どう乗り越えるかを予め決めておくこと」

だと言えるでしょう。

 

そうしておかなければ厳しい状況に
なるかもしれないという事です。

戦略があるとはこういうことです。

 

なので端的に言うと、あなたが他社と比べられた時に、

「私は●●なので他の人に比べてあなたの役に立てるのです」

と言えるかどうかがポイントです。

 

少し回りくどい表現になったのでまとめておきますね。

 

個人事業主のための戦略とは、

あなたの顧客に対してどの様なサービスを提供するかを決めること。

その時に競合するであろう他社対して、
どんな良さをアピールできるかを事前に構築していく事です。

 

つまりあなたの強みは何ですか?

という質問に答えることと言っても差し支えないでしょう。

 

 

さあ、あなたの強みは何でしょうか?

 

ここで大半の方が考える強みが、

『スキル、経歴、実績などが他の人より優れている事』

となるようです。

 

間違ってはいないんですが、
高いスキルが強みですとは言い切れないんですよね。

こういったカタログスペック的な要素で比べ合うことは、
私はあまりいい方向に向かわないのではないかと思うのです。

 

例えばこれから行うサービスのスキルがまだまだという方の場合、
強みがないことになってしまいます。

するといつまで経ってもあなたは選ばれる起業家になるどころか、
まともにお客様が現れないでしょうからね。

 

なので次回以降で、
あなたの強みの見つけ方について書いていきます。

 

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*