指名買いされるコンサルタントの条件とは?

コンサルタントになりたい方。
今コンサルタントをしている方。
こんな間違いをしていると指名買いされるどころか・・・

 

アキレス腱を伸ばす運動が、
実はアキレス腱ではなく、ふくらはぎの筋肉を
伸ばすだけだと知って、

夜中にトイレで家族と鉢合わせをした時くらい
驚いている迎客デザイナーの酒井です。

 

全く予想していない場所に人が居ると怖いですよね?

本当に驚いた時って息が止まりません?

映画やドラマみたいに「きゃー!」っていう人、
本当にいるんでしょうか。。。

どうでも良いですね^^;

 

では今日は、コンサルタントさん向けの話です。

あくまで私の意見としてお聞きください。

ただ、本筋は外してないとは思いますが。

 

早速ですがコンサルタントとは何をする人なんでしょうか?

 

コンサルタントといえば分かりやすいのが、
経営コンサルタントですね。

 

この職種には国家資格が設けられています。

中小企業診断士がそれです。

ただし他の士業と違い、
経営コンサルタントは資格がなくても開業できます。

 

早い話、自分が「経営コンサルタントです」といえば、
その瞬間から経営コンサルタントになれるんですね。

でも中小企業診断士なんて資格ができたくらいです。

きっと経営コンサルタントとは名ばかりの、
いい加減な仕事しかしない人が後を絶たないからの
対応策なんでしょうね。

 

で、この経営コンサルタント。

経営をコンサルティングする職種という事になりますね。

 

ウィキペディアでは、

コンサルティング (consulting) とは、
企業(まれに行政など公共機関)などのクライアントに
解決策を示してその発展を助ける業務を行うことである。
または、職種としてその業務そのものを指す。

とあります。

 

要は何かの問題を解決するための
補助をするのが役割ということですね。

 

その中でも経営コンサルタントといえば、

主に企業や事業者に対して、売り上げアップや
利益率改善、集客方法の改善案など、

収益につながることを助言するのが役割ですね。

 

で、私はコンサルタントを含めて、
アドバイザー、トレーナー、インストラクター、
カウンセラーなどの職種に必要なのが、

自分のノウハウを教えるのではなく、
自分のノウハウを使ってクライアントさんの
問題解決の糸口を探すことだと考えています。

 

よく経験が浅いコンサルタントにありがちなのが、
自分が今まで学んできたノウハウを
そのままレクチャーしようとするんです。

 

クライアントさんはあなたの持っているノウハウを
学びたいのでしょうか?

違うんじゃないでしょうか?

 

コンサルタントに期待されているのは、

自分にはないスキルや経験を踏まえた
新しい発想やアイデアを出すことと、

その案をクライアント様の実務に落とし込むまでを
提案し、実施の補助を行うことだと思うんです。

 

なので正直言って、割に合わない職業だと思います。

 

大きな成果を出しても、
それはあくまでクライアント様の実績です。

それを手助けしたにすぎません。

 

なのに声高にコンサルタント本人が
「大きな収益を上げました」と言われても

それは単に営業が上手かったんですね、としか・・・

 

もちろん儲かっているコンサルタントさんで、
クライアントさんに大きな実績を上げる手伝いを
されている方もおられると思います。

でもそれらの方が「自分が儲かっている」なんて、ねぇ。

 

なぜならコンサルタントが儲かるためには、
必ず先にクライアントさんが成果を上げないと
いけない訳ですから。

 

なので、営業が上手いだけのコンサルタントなんて
レッテルを付けられないように注意していきたいですね。

 

コンサルタントは黒子です。

前に出る役割でありません。

 

きっと前に出てやっているコンサルタントが
いるからそう思うだけで、

本来はクライアントさんにアドバイスを行い、
その企業の業績向上の手助けをするだけです。

 

なのでコンサルタントの実績は
クライアントさん抜きでは語れません。

よね?

 

私もクライアント様と日夜格闘しているような状態です。

何とか成果を上げてもらうために必死で頭を絞っています。

それでも上手くいかない時があります。

 

でもそのまま諦めては終わってしまうので、
自分が出来ることを粛々と行っていく。

 

思った以上に地味な仕事だな~と思います。

 

なんだかコンサルタントなんてやる仕事じゃないって
話に聞こえますね。

でも私のリアルはこういう感じです。

 

もしこれからコンサルタントになろうとしている方は、
多少なりとも参考にして頂けるのではないかと。。。

 

今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*