起業家にとって最も恐ろしいのは満足です。

最近、週末になっても「明日は休みだぁー」
と叫びつつ羽根を伸ばす事が無くなってしまった
迎客デザイナーの酒井です。

ほほ笑んでる女性1

 

 

 

 

 

 

 

起業すると休みがなくなります。

正確には仕事の事を考えない時間がなくなります。

なのでいつも仕事をしているのと変わらない日が続くわけです。

と言っても24時間365日ずっと仕事の事を
考えているわけではなく、

読書や映画を見ている時などは
もちろんそれに集中しているんですけどね。

でもふとひらめく時が来たりします。

それは決まって、仕事で何らかの突破口を
探している事に対するアイデアだったりします。

よく言う無意識、潜在意識が活躍している証拠でしょう。

あっ、そんなアイデアが出てくる時は、
決まってメモが取れない状況です。

例えばお風呂に入っていたり、他の打ち合わせをしていたり。

あれは狙って誰かにそうされているんじゃないかと
勘ぐってしまいます。

その誰かは自分なんですけどね。

なんか偉そうに聞こえるかもしれませんが、
自分で事業をすると必ずこうなります。

もしなっていなかったら、それは自分以外の誰かに
仕事をさせられているんでしょう。

で、起業家にとっておそろしい事があるんです。

それは満足です。

満足が恐ろしい事?って思いましたか。

ホントに恐ろしいですよ。

少し前にこんな事がありました。

私は仕事柄、ネットでリサーチをする事が多いです。

その際、他社さんのLPやセールスレターを
記録しておくのですが、色々と工夫をした結果、
まあこれくらい見られるようになればいいか
という程度の保存方法を取ってきました。

本当ならそのLPの初めから終わりまで、
見た目のままをすべて記録できるのが好ましいのです。

が、自分で調べた方法は、いくつか制限があったものの、
まあこれくらいはガマンしておこうかというレベルだったので、
その方法を継続していました。

そうです。

満点になっていないにも関わらず、満足してしまったんです。

するとどうなりますか?








はい、正解!

工夫しなくなるんですね。

同じ方法をたり続ける事になります。

ラクですからね。

でもこれが恐怖の始まりでした。

たまたま打ち合わせをしていた時に、
リサーチ結果をどう残しているかの話になって、

私よりはるかに簡単に、しかも望んでいる100%の
記録方法を取り入れている人がいたんです。

その話を聞いた時、嬉しかったのと同時に恐怖を感じました。

それ以上工夫しなくなった自分への恐怖です。

人間は満足したらそこで止まりますね。

つまり成長しなくなるという事です。

そんな事では先駆者に追いつくどころか、
これから現れる後発の起業家に抜かれますね。

ホントにいい事を教えてもらったと感謝した時、
あまりに私が喜んだのが意外だったようです。

そりゃ話してないから意味が分かりませんよね。^^;

これからも自分自身を磨いていきましょう!

では今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*