第11回 ダイレクトレスポンスマーケティング<6>

物語の力で一歩先ゆくWEBマーケティング講座
~起業家が自分で実践するための

webマーケティング力アッププログラム~
 
物語の力を使ったウェブマーケティング情報を、

初心者さんに向けて細かくお伝えしていく番組の第11回目です。
 
今日のテーマは途中でFacebook集客を挟みましたが、
元の戻って「ダイレクトレスポンスマーケティング<6>」
をお送りします。
 
 
今回は前半戦の復習も兼ねてDRMとは、
どのようなものだったのかを振り返ってみます。
 

 
マーケティングとは仕組み作りです。
 
どんな仕組みかというと、
 
「集客から販売・顧客化までのお客様との人間関係構築のため」
 
の仕組み作りです。
 
マーケティングというのは、もはや売るだけではないと考えています。
 
継続的に購入をしていただくためのお客様と
の関わり方を作ることがマーケティングではないかと
考えて活動しています。
 
 
その基本の流れは、
 
集客>見込み客フォロー>販売>顧客化
 
となります。
 
 
そしてWEBマーケティングとは、マーケティングを
WEB(ネット)を使って行うことです。
 
ネットマーケティングの特性は自動化がしやすいことです。
 
特に見込み客フォローの部分が向いています。
 
 
ダイレクトレスポンスマーケティングとは、
ダイレクトにレスポンスをもらうマーケティングのことです。
 
レスポンスとはお客様が行動することを指します。
 
これはWEB、リアルに関係なくです。
 
そしてダイレクトにレスポンスをもらうためには、
こちらから投げかけをすることがポイントです。
 
 
その投げかけがはオファーと呼ばれています。
 
具体的なオファーの例としては「お試し」「無料サンプル」です。
 
コンサルタントやアドバイザーの場合のオファーは、
無料相談が一般的ですね。
 
ちなみに無料のオファーを無料オファーということがあります。
 
フリーミアムですね。
 
 
このオファーのポイントは、自分の商品や
サービスに関連したものであることです。
 
それはオファーをしてもらうのは最終的には
自社の顧客になってもらうためだからです。
 
続きはポッドキャストで。

コンサル型ビジネス専門家向け「新規顧客を獲得する方法」(7日間講座)

【実績無しの新米コンサル】がライバルを差し置いてビジネスを軌道に乗せる方法 〔メール講座〕

 
 
このメール講座では、新米コンサルタントが
「どういった方法」で新規のお客様を獲得していくのかを
様々なノウハウを交えて解説していきます。
 

<<このメール講座で学んでいただける内容(抜粋)>>

『売り込まないコンサル型ビジネス専門家のビジネスモデル作り』

『コンサルタントが実践したい集客から契約・顧客化の仕組み作り』

『伝えたつもりが全く伝わっていない文章と伝わる文章の違い』

『売り込まないコピーライティングの本質』

『コンサル型ビジネス専門家としての心構え』

『クライアントさんとの人間関係の作り方』

『伝わる文章とはどういった文章なのか』

 

ただし、無料講座だからといって出し惜しみするつもりは
まったくありませんから、しっかりと時間をとって
ご覧頂くことをお勧めします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*