アメブロで上位表示される秘訣が知りたくなる理由とは?

迎客デザイナーの酒井です。

 

●前回までの振り返りです。

自社の強みを効果的に見つける方法

意外と知らない「競合に勝てる強み」を作る秘訣

USPと強みってどう違う?

ウェブを使って即集客する方法?

これがダイレクトレスポンスマーケティングの手法です。

反応の取れるオファーとは?~DRM手法の要~

広告する媒体・メディアの正しい選び方とは?

これまで上の7記事で、個人での情報サービス提供事業者、
つまりコンサルタント、コーチ、インストラクターなどの、
先生と呼ばれる職種を生業としている方が、

あなたの顧客に対して、ご自身の強みを的確に伝え、
選んでいただくために行うべき内容についてまとめています。

いわゆる戦略立案の要になる「強み」を
「見つける」「つくり上げる」という内容です。

必ずしも綿密な戦略を立てなくても
上手く事業が回っている方はおられます。

それらの方には大きな特徴があると思うのですが、
また別の機会にでもお話します。

今日はオファーについての続きです。

前回はオファーを告知する方法のまとめと、
どういったメディアに出せば良いのかという
基本的な考え方を見てきました。

では、今日は最適だと思われるメディアの見つけ方について
考えていきましょう。

●アメブロを上位表示させたいんですが、、、

今さらアメブロ攻略って意味が無いんでしょうか?

とか思ったりしてますか?

意味があるかどうかは分かりませんね。

知っているのは誰だと思いますか?

集客やマーケティングノウハウ提供者ではありませんよ。

誰でしょうね?

はい、そうです。

知っているのは「見込み客さん」です。

業種に特化したコンサルタントさんなら
過去のデータが有るでしょうから、どのメディアが
効果があるかはそれなりに特定できるでしょう。

ただ、余程のことがない限り、わざわざ
コンサルタントさんに聞かなくても調べられます

例えば主婦層に告知したいなら
そういった方々が見る媒体って分かりますよね?

もっと早い方法だと広告代理店さんに聞けばいいですね。

見積もりの段階では恐らく無料だと思うので、
それくらいの情報なら無料で知ることが出来ます。

しかもどういった広告なら反応がいいかくらいなら、
それも教えてくれます。

細かな数字は難しいでしょうが、どんな広告が出ているかで
どんなユーザー層のメディアなのかは、ある程度は特定できます。

また広告メディア自体がユーザー層、読者層を想定しています。

ちょっと考えていただきたいのですが、

なぜあなたは「アメブロを攻略した方がいいかどうか」

と思ったのでしょうか?

Facebook活用がやはり効果があると聞いたのだけれど、、、

とか

ツイッターは即効性があるらしいから
ノウハウを知りたんだけれど。。。

この考え方にはある共通した前提があるんですよね。

お分かりでしょうか?

そうです。

無料で何とか告知をして大きな成果を上げたい!

という前提です。

そうでしょ?

SEOもそうですよね?

無料で検索結果の上位に表示されたら・・・

だから皆さん躍起になってペンギンアップデートがどうのとか
話題にするんですよね。

「告知にお金を払いたくない」

タダで何とかしたいんですよね。

で「このアメブロノウハウなら●●%UP」といった
マニュアルや教材に手を出してしまうわけです。

「素人がたった30日で売上が5倍になったアメブロ活用法」

とかですね。

もしかしてドキッとしてません?

あっ、そういったノウハウを販売されてる方でした?

別に敵対するつもりはないですが、
私はそういった商品はどうだろうかと
思っているという個人的意見ですので念のため。

●告知を無料で行うのは大変?

まあ、個人的にはそういった手法を追い求めていた
時期もあったので、その気持は分かります。

ただ、結果的に無料というのは表面的な話なので、
あまりそこにこだわるのはどうかと思っています。

私は無料とか有料とかに、ことさら執着するのは
ナンセンスだと思います。

告知の目的ってなんでしたっけ?

見込み客さんにオファーを知ってもらいたいんですよね?

そのために無料ブログを半年間、毎日更新する方がいいんなら
それでいいですが、もし有料広告を出した方がいいのなら
広告代を他の方法で工面してみる方が良いと思います。

もしくは広告代をバーター出来そうな媒体に企画提案するなど
いくらでも方法はあります。

そもそも、なぜ無料で告知をしたいんですか?

お金が無駄になるかもしれないから?

自分がコツコツ記事を書いているだけだとお金はかからない?

それって本当ですか?

無料ブログを毎日更新するコストの方が
はるかに大きそうに思うんですが。。。

あなたが広告代を出せないのは、
何か心理的なハードルがあるんです。

それって恐らくこれでしょう?

結果が出ないのが怖い

上手くいかないことが怖いんです。

ちなみに、これ、正常な反応です。

恥ずかしいことではありません。

「失敗を恐れるな!」

って言われても、そんなの簡単に出来ないですって。

問題は上手くいかないことではなくて、
上手く行かなかったとたんに止めてしまうことです。

ここから先はいわゆるマインドセットとかの
話になりますのでやめておきますが、

100%上手くいくことなんて、まずないですって。

上手くいかないことに過度な恐怖があるのは
事業をする上で致命的になりますので
気になる方はご相談下さい。

私はメンタルブロックを外してもらう事などの
コーチングもコッソリやっていたりします。

カウンセリングやコーチングの専門ではないですが、
NLPのプラクティショナーなのでスキルは持っています。

個人で事業をする方は精神面でのコンディションが
売上に直結することが多いので、メンタルのケアが
必要になってきます。

●なぜその広告では結果が出ないのか?

広告代を払うのが怖い=結果が出ないのが怖い

実はこれにはもうひとつ大きな問題点があります。

それは結果が出るか出ないかを運任せにしているからです。

もしあなたが配布したチラシで効果が無かったとしたら
それは残念だと思います。

で、その後にどうしました?

ダメだったんだ・・・

じゃあチラシは意味が無いんだろう。。。

他に良い方法は無いだろか?

集客セミナーに行ってみようか。。。

こんな思考パターンになってませんか?

なので「たった30日で・・・」という広告に目が行くんですよ。

多分あなたは、もうご存知のはずです。

仮説と検証

これをやりましょう。

チラシをまく場合には、まず仮設を立てて下さい。

で、その後検証しないといけません。

せっかくコストを掛けて行ったのですから
そこから先につなげるために新たな仮説を立てて
そして実践していきましょう。

テストマーケティングというやつです。

ここまでのお話で、どれも聞いたことがある
という内容ばかりだと気づいた方は、
きっと相当勉強されておられるのでしょう。

それなのに結果が出ないのは、

・理論や知識を実践に活かせていないか。

・方法が間違っているか。

などなどいくつかの検証ポイントがあります。

では次回は、最適だと思われるメディアの見つけるために
仮説と検証についてやっていきますね。

では今日はこの辺で。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*